富山県の風景印

2014年6月 9日 (月)

北陸遠征・能登半島巡り ②氷見

雨晴海岸から立山連峰の景色を堪能した後、迂回ルートから本来の走行予定ルートに無事合流、風景印巡りを再開しました。

postoffice氷見柳田郵便局

Himiyanaida

氷見柳田局<図案:田子のハマナス、藤、二上山>

Himiyanaida_2

postoffice氷見駅前郵便局

Himiekimae

氷見駅前局<図案:阿尾城址、立山連峰、朝日貝塚出土の深鉢型土器>

Himiekimae_2

postoffice氷見郵便局

Himi

氷見局<図案:阿尾城址、立山連峰、定置網にかかったブリとイカ>

Himi_2

正午を回って少しお腹が空いたので、ジュースとお菓子で軽く休憩。
それから次へ向かっていると、とうとう雨が降り始めました。朝の予報では15時頃からということだったけど、ちょっと早かったな・・・何とか小雨の間に回れますように☆

postoffice氷見北大町郵便局

Himikitaomachi

氷見北大町局<図案:唐島、ワタリガニ、漁船、立山連峰>

Himikitaomachi_2

氷見北大町局を出て車を走らせていると、「あ、この景色!」
能登半島国定公園切手そのままの風景が、目に飛び込んできました。(少し戻って、氷見駅前局の押印時に使用した切手です。)
ちょうど車を停められる公園のような場所がありましたので、そこへ。左手に阿尾城址、右手に立山連峰を眺められます。
が、その場所からでは残念なことに、阿尾城址と立山連峰の両方を同時に写真に収めることが出来ません・・・
仕方なく別々に撮ってみましたが、う~ん、これじゃあ雰囲気出ないな(+_+)

camera別々に撮ってみた阿尾城址と立山連峰(笑)

Noto3_2

Noto3_3

写真はダメだったけど、自分の目ではちゃんと見れたからそれでいいか・・・と、再び車を走らせていましたら、何とか1枚に収まりそうな場所がありました。
駐車する場所がないのと、雨が降っているのとで、窓を開けた車の中から無理矢理撮影。出来栄えは悪いですが、一応両方入ってマス(^_^;)

Noto3

postoffice藪田郵便局

Yabuta

可愛らしい建物ですね(^^)

藪田局<図案:阿尾城址と石碑、ブリ、立山連峰>

Yabuta_2

postoffice宇波郵便局

Unami

宇波局<図案:蛇ケ島、ブリ漁>

Unami_2

※画像は一部です。合計60円分の切手を貼り付けして押印して貰っています、念の為。

postoffice女良郵便局

Mera

女良局<図案:大イヌクス、蛇ケ島、立山連峰>

Mera_2

ここまでは、小雨が降ったり止んだりを繰り返していました。
女良局が富山県最後の風景印、次からは石川県に突入です(^^)

| | コメント (2)

2014年5月31日 (土)

北陸遠征・能登半島巡り ①小矢部~高岡

大変、大変・・・・ご無沙汰しております。
忙しさにかまけてすっかり放置してしまい、本当に申し訳ございませんm(_ _)m

その間、風景印収集は新規・終了・図案変更の郵頼を主として細々と続けており、たまに旅先で集印したりもしていたのですが、全然UP出来ないまま今日に至りました。不甲斐ない限りです(^_^;)
今更ではありますが、その辺りのものも追々・・・と思いつつ、今月約2年振りにライブ遠征で富山まで出掛け、ついでに能登半島をグルッと回って参りましたので、フレッシュなそちらからUPします。
全部を掲載し終えるのに多分凄く日数がかかると思われますが、宜しければお付き合い下さいね。

◆5月12日(月)cloudのちrain

ライブ翌日、午前9時に小矢部市の宿泊先を出発。
忙しい一日のスタートですが、午後からは天気が崩れるとの予報。本格的に降りだすと効率が悪くなってしまいますので、雨が降る前、或いは小雨の間にどれだけ回れるかがカギです。

postoffice石動中央町郵便局

Isurugicyuoumachi

石動中央町局<図案:石動中学校校舎>

Isurugicyuoumachi_2

postoffice石動福町郵便局

Isurugifukumachi

石動福町局<図案:ハナショウブ、菖蒲園、小矢部川、稲葉山>

Isurugifukumachi_2

postoffice立野郵便局

Tateno

立野局<図案:国吉配水場、導水管、カタカゴ(カタクリ)の花>

Tateno_2

postoffice高岡若富郵便局

Takaokawakatomi_3

高岡若富局<図案:あじさい、和田佐助の句碑>

Takaokawakatomi_4

postoffice高岡守山郵便局

Takaokamoriyama

高岡守山局<図案:二上山の仏舎利塔、小矢部川、大伴家持像>

Takaokamoriyama

高岡守山局の近くまでくると、冠雪した山々が進行方向の彼方に見えていました。
もしかして・・・と思い、局員さんに訊ねたところ、「立山連峰ですよ。天気が悪くなる前は、すっきりして良く見えるんです」と教えて下さいました。
やっぱり~!こんなとこからも見えるんですね~。ひとしきり感動していると、私の次の行き先を確認した上で、少し遠回りになるが立山連峰が見渡せる名所がある、今ならばきっと綺麗に見えるハズだから行ってみませんか?とのこと。
そんないい場所なら、予定を変更してでも見に行く価値があるでしょう!即決(^^)
ナビがないと言うと地図をコピーして丁寧に道案内して下さったり、高岡守山局の皆さんには色々親切にしていただきました。感謝☆

案内してもらった通りに進んで行くと、暫くしてその場所に辿り着きました。『雨晴海岸』。
アマバラシと読むそうです。富山県のフォルムカード第4弾にもなっています。
海の向こう側に立山連峰。ここに来れて良かった、心底そう思う素晴らしい眺めです。
雨が降り出す直前で空はどんよりしているものの、肉眼ではクッキリハッキリ綺麗に見えたのですけれど、手持ちのデジカメではこんな画像で精一杯・・・感動をお裾分け出来ず、申し訳ありません(^_^;)

camera雨晴海岸より、立山連峰
(画像をクリックしていただくと、少し大きいものが開きます)

Noto2

雨晴海岸の少し手前の公園のようなところからも綺麗に見えました。そちらの方が、画像もホンのちょっとマシかも知れませんので(大した変わりはないかな・・・)、そちらも載せておきますね。

Noto1

お粗末な写真でごめんなさい(^_^;)
やはり、直に見ていただくのが一番だと思いますので、是非お出掛け下さい!
お天気が崩れる前日辺りが狙い目だそうです。難しいですけど・・・
地元の方々は、立山連峰が綺麗に見えると”ああ、明日は雨が降るんだな”と思うそうです(笑)

午後からは雨が降り始めました。
この先、幾つもの郵便局で『雨晴海岸で立山連峰を見た』と話すことになったのですが、その度に「立山連峰が見えない時は、ただの海ですからね~。何度来ても見れない人もいるんですよ、良かったですね。」とか、「遠くから来られたのに雨が降ったのは残念でしたけど、ある意味、運がいいです。」とか仰っていただき、雨の中風景印を巡る憂鬱さをかなり相殺出来たように思います。

改めて、高岡守山局の皆さん、本当にありがとうございました(*^o^*)

| | コメント (2)

2011年9月27日 (火)

富山西支店の風景印

富山支店が移転改称、9月20日より富山西支店としてスタート。
それに伴い新しく風景印も配備して下さるとのことで、郵頼しました(^^)

富山西支店<図案:立山連峰、チューリップ、雷鳥、呉羽梨>

Toyamanishi

よく考えてみると、返信封筒に押してあった黒消印も初日ってことになりますよね。大事に保存しておこうっと(*^o^*)

追記:
H24年10月1日の会社統合により、富山西支店は富山西郵便局となりました。

| | コメント (0)

2010年4月28日 (水)

立山山頂局、立山千寿ケ原局、上滝局、富山中央局、富山支店の風景印

文通相手の方から富山支店の風景印にてお便りいただきました。
ツアーでアルペンルートに行かれるとのこと。
今だと雪の大谷ウォークが楽しめるんでしょうか!?
いいですね~(*^o^*)
別の文通相手の方からのお便りにも”アルペンルートに行きたい”と書いてあったし、何だか懐かしくなったので、今日は過去に集めた風景印の中から、数年前の夏にツアーでアルペンルートへ行った時の風景印と写真を引っ張り出してみることにしました(^^)

私達の参加したツアーは、長野県側から富山県側へ抜けるコースでした。
まず扇沢駅からトロリーバスに乗って黒部ダムへ。

cameraトロリーバス
Alpentrolley_bus

camera黒部ダム・・・放水は迫力満点!
Kurobedam1

Kurobedam2

それから、ケーブルカーに乗って黒部平へ。

cameraケーブルカー・・・ちょっと人がうじゃうじゃ写ってます(^_^;)
Alpencable_car

次はロープウェイに乗って、大観峰。

cameraロープウェイ
Alpenropeway

camera大観峰からの景色
Daikanbou

そしてまたトロリーバスに乗って室堂へ。
立山山頂簡易郵便局はここにあります(^^)
昼食時間を含んだフリータイムに突入すると、ご飯よりまず先に立山山頂局へ風景印をもらいに行ったんですよね(笑)

立山山頂簡易局<図案:立山山頂、カモシカ、アオノツガザクラ>

Tateyamasaucyo

立山山頂局のところに置いてあったスタンプ。
Tateyamayubin

郵便局の後に食事を摂って、残り時間で周辺を散策しました。

camera室堂周辺の景色
Tateyama

そして、高原バスとケーブルカーを乗り継いで下山。
ケーブルカーを降りた立山駅でトイレ休憩となったので、そのわずかな時間を利用して少し離れた立山千寿ケ原簡易局へダッシュ!!
運動不足の身にはかなり堪えました(笑)
ツアーは安くて便利なんだけど、風景印を貰おうと思うと色々制約があるから大変です(^_^;)

立山千寿ケ原簡易局<図案:立山連峰、ロープウェイ>

Tateyamasenjugahara

ハアハア息を切らしながら集合場所へ戻り、そこから観光バスへ移動。通りすがりのポストに付箋ハガキを投函してみたら、上滝局の風景印が届きました(^^)

上滝局<図案:アカガシ、不動の滝、滝社>

Kamitaki

富山駅からは電車で帰ることになってたんですが、時間よりだいぶ早く駅に着き、約1時間のお土産ショッピングタイムということに。
これはラッキー♪と、お土産そっちのけで富山中央局まで行ってきました(笑)

富山中央局<図案:富山城、ツバキ、立山連峰>

予定外だったんで、切手はお相撲さんになってしまった・・・(^_^;)

Toyamacyuou

そして、こちらが今回いただいた富山支店の風景印。
図案は富山中央と同じです。

Toyama

いっしさんからいただきました。ありがとうございました(^^)

追記:富山支店は平成23年9月20日より移転・改称し、富山西支店となりました。それに伴い、この風景印は平成23年9月19日にて終了。

私もどこか旅行に行きた~い(>_<)
雪の大谷ウォークって面白そうだし、いつかこの時期にまたアルペンルートに行ってみるのもいいかも☆

| | コメント (4)

2009年7月20日 (月)

久しぶりの風景印巡り③ 小矢部・砺波

風景印を一日巡り疲れて宿泊先に到着すると、そこで事件が!!(笑)

宿泊先は、お手頃な値段で2食付いているのが決め手で選んだ公営施設のようなところ。
受付で「今日予約している○○です」と名乗ったら、応対したおじさんが訝しげに首を傾げています。
その様子に俄かに不安になり、その日の宿泊客名を記してあると思われる紙を覗き込むと、私の名前が見当たらない。
なんで!?
ネットの宿泊予約サイトを通じて申し込みをして、宿泊前日の確認メールもちゃんと届いていたのに!!
おじさんにそう説明するも、「はぁ、そうですか」と頼りない反応で、「そう言えばキャンセルが1件あった」とか言い出す。
それは私じゃないっ!!
このおじさんと幾ら話しても埒があかない・・・とイライラしてきて、もうこんなとこ二度と来るもんか!!と心の中で叫んでいると、漸く「上の人に聞いてみます」と電話し始めました。
電話片手に引き出しからファイルを取り出してパラパラめくったりしているけれど、私の名前はやはり見当たらないらしい・・・
聞き耳を立ててなりゆきを注視していると、部屋は空いているようで泊めてはもらえそうな気配。
でも、受付のおじさんが「朝食のみにしてもらいますか?」などと言っている・・・
こんな周りに何もないとこで、いきなり夕食なし!?
冗談じゃないぞと思ったけど、結局何とかご飯も用意してもらえるということに。
ちゃんとしたホテルならこういったトラブルにもきちんと対応してくれるのでしょうが、何分田舎の公共施設で対応はイマイチ。
部屋に通されはしたけれど、すっかり気分が悪くなってしまいました。
急ごしらえの夕食を待つ間、念の為携帯で予約サイトを確認してみると、やっぱりちゃんと予約は成立してる。一体どういうこと・・・?
そうこうする内に夕食が準備できたとの電話があり、食堂で一人ポツンと遅い夕食を食べていたら、責任者のおじさんがやってきて、「原因がわかりました。こちらのミスでした」と。
何のことはない、プリントアウトした私の宿泊予約用紙を、7月ではなく8月のところにファイルしてしまっていた・・・という、超単純ミス。
自分達のミスが発覚した途端、責任者のおじさんは私を見る度に「申し訳ない」と謝るし、受付のおじさんも愛想が良くなって、その変わり様がなかなか面白かったです。
そして、宿泊代が半額になり、現金な私はそれで気分が直って、めでたしめでたし!?(^_^;)

翌日、色々あった宿泊先をチェックアウト。
土曜日でしたが、ゆうゆう窓口のある小矢部と砺波へまずは風景印を貰いに♪

小矢部支店<図案:クロスランドタワー、桜町遺跡・高床式の建物、立山連峰>

ゆうゆう窓口で「風景印お願いします」と言ってハガキを2枚差し出したら、おじさんが「このハガキには宛名がない」と言い始めて、風景印を押してくれないのです(>_<)
「記念押印なので宛名はないんです。押してもらったハガキはそのまま持って帰ります」と説明しても、「そんなことしていいのか!?」・・・
これじゃ立場が逆じゃないかと思いつつ、「持って帰ってもいいんですよ、本当です」。
でもおじさんは半信半疑で、まだ押してくれそうな気配がない。
言葉でダメならと、前の日に集めて回った風景印の束を見せると漸く押してくれたけど、おじさんは最後まで納得していなかったみたいです(笑)

Oyabe

砺波支店<図案:立山連峰、散居村、チューリップ>

Tonami

その後、砺波ICから高速道路に乗り、軽井沢に向かって快調に走り始めました。

| | コメント (3)

2008年8月 3日 (日)

東北旅行-10日目 おまけ

行きは天気が悪く景色を楽しめなかったのですが、帰りはいい天気。
これなら海沿いの景色は綺麗に違いないshine
・・・なのに、宮城と福島のSA・PAで悪戯に時間を過ごしてしまい、海沿いの景色を楽しむには日没との闘いとなってしまいましたwobbly 馬鹿だなぁ。
北陸道の海沿いの辺りへ辿り着いたのは日没をちょっと過ぎた頃sweat02
薄暗くなってきてたし、道に設置されたフェンスに邪魔されて結局少しだけしか見れませんでした、あ~あ(笑)

有磯海SAで途中休憩。
ここでもポストに付箋ハガキを投函しました。これがこの旅最後の風景印。

滑川支店<図案:ホタルイカ、ホタルイカミュージアム、剣岳、花菖蒲>

Namerikawa

旅も終わりとなって気が緩んだのか、連日の早起きのせいか、まだまだ走らねばならないというのに睡魔に襲われる私(笑) 運転していても目がジョボショボして、これはヤバイと自分のノルマを走りきれずに運転手交替。
幸い家族は眠気はなく大丈夫だというのでしばらく運転は家族に任せ、私は横で目を閉じてましたsleepy 少しうつらうつらしたら幾らか回復し、再び気力で運転car 深夜の高速道路はトラックばっかりで怖いですdespair
予定より遅くなりましたが、日付変わって午前3時半頃に無事に自宅に到着したのでした。休憩・食事込みで14時間強かかったでしょうか。
帰宅後3日間くらいは、毎日やたら眠かったです(笑)

10日間の総走行距離は、3635.5キロdash よく走りました~happy01

風景印の成果は、

訪問-83
郵頼-8
付箋ハガキ投函-16 (内、成功12、失敗4)

こちらも頑張りました~happy01

長い長い旅日記、読んで下さった皆様、ありがとうございましたheart04

| | コメント (3)