岩手県の風景印

2013年6月14日 (金)

大船渡駅前局の風景印

震災で閉鎖となっていた大船渡大通郵便局が、移転改称して3月22日より大船渡駅前郵便局として再開。その初日印を郵頼しておいたもの。

大船渡駅前局<図案:碁石海岸の穴通磯、椿、大船渡港1万トン岸壁>-H25年3月22日より使用開始

Ofunatoekimae

図案は以前のものと同じだそうです。

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

中尊寺簡易局の風景印

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

さて、新年最初ですが、いつもの如く干支に因んだ風景印・・・ではありません。
昨年末はとても慌ただしく余裕がなかったのに加え、正月早々風邪をひいて体調を崩し、干支の郵頼は見送りました(^_^;)
UPしきれずに年を越したものもまだ色々あるので、今年はそこから始めようと思います。横着者でゴメンナサイ。

着順関係なく気の向くままに。まずは昨年11月30日より新規開始となった中尊寺簡易局風景印を郵頼したものです。

中尊寺簡易局<図案:中尊寺金色堂の覆屋、ハスの花>-H24年11月30日より新規開始

Cyusonji1

Cyusonji2

Cyusonji3

中尊寺を観光した時の写真で台紙を作成しました(^^)

Cyusonji1_2

Cyusonji2_2

返信封筒にも。

Cyusonji4

中尊寺簡易局は名前が示す通り、中尊寺参道のすぐ近く。
2008年の7月、参拝のついでに簡易局を訪れた時は、普通の黒い消印を記念に押してもらいました。(宜しければこちらをご覧下さい。→東北旅行-9日目 岩手)
ここに風景印があったらいいのに・・・と思っていたのが、年月を経て実現。嬉しいですね~(^^)
いつになるかわからないけど、いつかまた行きたいです。
蛇足ながら、地方自治法施行60周年シリーズの岩手県バージョンにも中尊寺切手があったことを郵頼後に思い出し、ちょっと悔しかったんですよ。だから、次の機会は絶対その切手で!(笑)

| | コメント (0)

2012年7月 9日 (月)

陸前高田支店の風景印

7月2日から図案変更(支店のみのようです)とのことで、郵頼しました。

陸前高田支店<図案:奇跡の一本松、広田湾>

Rikuzentakata_3

復興のシンボル「奇跡の一本松」は現在枯死状態だそうで、どうにかして永久保存しようと市が対策を練っておられるようです。保存が上手くいくことを願いつつ、元気だった頃に採取した種から育った苗と共に、風景印の中で長く生き続けて欲しいと思います☆

追記:
H24年10月1日の会社統合により、陸前高田支店は陸前高田郵便局郵便分室となりました。それに伴い、風景印の局名表記は「陸前高田郵便」に変更されています。

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

岩手県庁内局の風景印

岩手県・石割桜の風景印を郵頼しました。

盛岡地方裁判所の敷地内にある樹齢360年超の桜で、大きな花崗岩の割れ目の間から生育しているのだそうです。
そんな場所でも見事な樹木に成長するのですから、植物の生命力って本当に凄いですよね。

岩手県庁内局<図案:岩手山、岩手県庁舎、キジ、石割桜>

「東北の桜」切手と合わせたもの ↓

Iwatekencyonai1

「地方自治法施行60周年 岩手県」切手と合わせたもの ↓

Iwatekencyonai2

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

東北旅行-9日目 岩手

7月14日(月)sun時々cloud

旅もとうとう9日目となってしまいました。
翌日は午前中少し風景印巡りをしてから帰宅の途に着く為、実質的には観光をする最終日です。

この日は浄土ヶ浜の観光からスタート☆
朝一番の浄土ヶ浜めぐりの観光船に乗船しましたship
が・・・平日&朝一番ということからか、お客は私達の他には年配のご夫婦1組だけ・・・
またまた”赤字じゃないか!!”と心配する羽目にbearing
私が心配したところでどうにもなるものじゃないんですけど(笑)
たった二組の客を乗せ、観光船出航!
船内ではうみねこパンっていうのを売っていまして(1個100円)、

Cimg0932

このパンを目当てに、うみねこが船に付いてきます。
家族がうみねこにパンをやっているところを適当にシャッター押しまくっていたら、偶然こんな写真が撮れましたsign03
リアル過ぎて可愛くない・・・という意見も(笑) 確かに必死な形相です。

Cimg0938

前半はうみねこにパンをやるのに忙しくて、肝心の景色をちゃんと見てなかったsweat01
途中からは船室内に戻って、ガイドのお姉さんの案内に耳を傾けつつ船からの景色を楽しみました(^^)

船を下りた後は、遊歩道を歩いて浄土ヶ浜へ。
ガイドブックに載ってるような写真を撮りたかったんですけど、あれはどうももっと高いところから撮ってるのかな~。
思っていたような写真にはなりませんでしたcoldsweats01

Cimg0953

浄土ヶ浜を出て、風景印を集めつつ移動開始。

鍬ケ崎局<図案:南部鼻曲鮭、潮吹き岩、砂子島>

Kuwagasaki

宮古局<図案:浄土ヶ浜、うみねこの餌付け、鮭のつかみ取り>

Miyako

磯鶏局<図案:藤の川海岸、松林から見える月山>

Sokei

山田局<図案:大島と小島、マッコウクジラ>

Yamada

船越局<図案:船越海岸大島の千畳敷>

Funakosi

吉里吉里局<図案:吉里吉里弁天海岸>

この郵便局にはトイレtoiletがありますeye 家族共々お世話になってしまいましたcoldsweats01
風景印巡りの最中に、たまにこういうところがあると非常に助かりますねsign03

Kirikiri

大槌局<図案:大槌港、蓬莱島、槌の輪郭、魚>

Otuci

鵜住居局<図案:根浜海水浴場、トライアスロン、ハマユリ>

Unosumai

釜石支店<図案:釜石大観音、虎舞、ハマユリ>

鵜住居局のポストに付箋ハガキを投函して押印して貰った分です。

Kamaisi

栗橋局<図案:橋野高炉跡、桜、ハマユリ>

地図上にこれといった目印になるものがなく、一度は諦めかけた郵便局です(笑) 地名でも載ってないものかとたまたま車を停めて見た道端の看板に郵便局の場所が記された案内図がeyesign03 なんてラッキーnotenotenote
こうして無事に栗橋局に辿り着くことができましたhappy01
窓口にいたお兄さんに風景印をお願いしたら、奥から局長さんと思しき人が「関西の人?」と声を掛けてこられました。「何でわかったんですかsign02」と私がビックリしていたら、「言葉きいたらわかるよ」と。そんな関西弁でしゃべったつもりはなかったんですけど・・・(笑)
続いて「よくここがわかったねぇ」と言われたので、たまたま見た看板のいきさつを。
なかなかフレンドリーな局長さんで、局内に飾ってある杵や臼(何故か臼の中でフナの子供が泳いでいた)や鹿の角を見せてくれたり、この先にある風景印局を色々教えてくれたり、押印を待つ間色々お話しましたcancer
途中押印を担当してるお兄さんに向って「綺麗に押せよsign03」とプレッシャーをかけ(笑)、押し終わってハガキを返してもらっていたら「遠くからわざわざ来てくれたんだから、ティッシュとか何か出してsign03」と指示。風景印を押して貰っただけなのに、ティッシュやらふきんやらいただいてしまいましたcoldsweats01
局長さんは冗談で「これで神戸の美味しいパンが届くかもしれんからな(笑)」と仰ってましたけど(押印を待つ間に神戸のパンの話が出てたんです)、パンはお送りできませんのでここにお礼の言葉を書いてそれに代えさせていただきますねwink
その節はありがとうございましたtulip

Kurihasi

青笹局<図案:六角牛山、遠野曲がり屋、青笹しし踊り>
遠野松崎局<図案:曲がり屋、六角牛山、時計台>

Aozasatonomatszaki

遠野支店<図案:福泉寺白衣観音像、巡礼の笠、鍚杖、早池峰>

遠野松崎局のポストに付箋ハガキを投函。一旦普通の消印が押されてしまいましたが、後で気付いて風景印を押し直して下さったようですcoldsweats01
付箋を貼ってた部分だけ黒消印が切れてます(笑)

Tono

野手崎局<図案:金津流梁川獅子舞、野手崎柳川城址、烏帽子山>

Notezaki

口内局<図案:男神像、特産の傘、金峰山般蔵寺>

Kucinai

北上本通局<図案:北限のナラカシワ、桜、ユリ>
北上鍛冶町局<図案:珊瑚橋から展勝池に至る義経千本桜、陳ケ丘の南部赤松、鬼剣舞の能面、舞扇>

Kitakamihondorikajimaci

北上局<図案:珊瑚橋、北上堤の桜、毘沙門天像>

北上鍛冶町のポストに付箋ハガキを投函。

Kitakami

この旅最後の観光地は平泉の中尊寺。私の大好きな場所happy01
3年前に来た時は月見坂を登っている途中から雨になってしまいましたが、今回は晴れsun
雨でしっとりとした中尊寺も風情がありましたけど、記念写真にはやっぱり傘がない方がいいですね☆
奥州藤原氏の栄枯盛衰に思いを馳せつつ資料館や金色堂を見学。源平好きにとっては、ここも外せない場所ですshine

Cimg0962

中尊寺の近くには高館義経堂や毛越寺など他にも見所があるんですが、私は3年前に一度行ったし(家族は行ったことないんですけど・・・)時間が足りなかったので今回はパスしましたcoldsweats01

平泉局<図案:中尊寺金色堂の覆屋>

中尊寺へ行く前に平泉局で風景印を。それからついでに中尊寺簡易局へも寄って、消印を押してもらいました。普段は黒消は集めてないんですけど、名前が中尊寺だから記念にってことでheart01

Hiraizumi

一関局<図案:栗駒山、時の太鼓、リンドウ>

Icinoseki

この日は、サッカーワールドカップが行われた時イタリアの選手達が泊まったという宮城の仙台市泉区にある仙台ロイヤルパークホテルに宿泊。家族の職場の福利厚生制度を利用して格安で泊まったんですけど、豪華なホテルで驚きましたdiamond
サッカーのことはよく知らないのですが、どうやら私達の泊まった部屋にはChristiana Doniという選手が滞在していたようです。
部屋の壁にはこんなものが飾ってありました。

Cimg0974

仙台と言えば牛タンrestaurant 一度は食べてみないと~ってことで、ホテルからシャトルバスに乗って泉駅まで出て、利久というお店で牛タン定食を食べました。
美味しかったぁlovely

| | コメント (2)

2008年7月29日 (火)

東北旅行-8日目 岩手

7月13日(日)sun

ホテルを出発して、まずは盛岡中央局へ。
南部鉄器型で可愛いですよねぇclover お気に入りの風景印です。

盛岡中央局<図案:中津川の擬宝珠、盛岡城址、石割サクラ、岩手山>
盛岡支店<図案:中津川の擬宝珠、盛岡城址、石割サクラ、岩手山>

Moriokacyuoumorioka

私は何故だか鍾乳洞が好きでして、この日は岩手の鍾乳洞を2つ回ることに。
盛岡から455号線をひたすら走って、岩泉の龍泉洞へ向かいます。
2時間程走って岩泉に入り、龍泉洞へ行く前に岩泉支店で風景印ストップ(^^)

岩泉支店<図案:龍泉洞、乳牛>

Iwaizumi

鍾乳洞というのは年間通じて10℃前後を保っていますので、夏には絶好の避暑地spade
避暑・・・というよりはむしろ寒いぐらい(笑)
入口をくぐった途端にヒンヤリした空気。あっという間に肌寒さを感じて、持参した上着を羽織りました。
龍泉洞は非常に水が豊かで綺麗な印象。洞内ではあちこちで水の流れる涼しげな音。
中でも圧巻だったのが怖いくらい深く透き通った3つの地底湖sign03
覗きこむと、あまりに深くまで見えるので吸い込まれてしまいそうな気分になり、柵があるにもかかわらず怖かったです。

camera展望台からの第1地底湖 ちょっとわかり難いですけど、青い部分が地底湖です。

Cimg0896

cameraこれは・・・第3地底湖だったかな???ど忘れしました・・・

Cimg0890

鍾乳洞から一歩外に出た途端、メガネが真っ白にeyeglass
夏の鍾乳洞のお約束みたいなもんです(笑)
因みに、龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つのようです。
これで龍泉洞と山口の秋芳洞には行きましたんで、残るは高知の龍河洞sign01
折を見ていずれ行ってみたいと思いますcatface

続いて、龍泉洞から車で30分くらいのところにある安家洞へ。
龍泉洞と比べると知名度は今ひとつですが、こちらは日本一長い鍾乳洞なのですflair 未だ全貌は明らかになっていない迷宮型鍾乳洞。
その日本一長い鍾乳洞がなんと個人の所有なのだとかeye それ故に設備や宣伝に限界があるようです。
でも、あまり設備が整っていないということは自然に近い状態であるということ。入口でヘルメットを貸してくれ、探検気分で中へcat

洞内にはピアノの旋律がずっと流れていました。
事前にネットで調べていた時に、一見場違いな感じのする音楽が流れているが、照明もお客も少なく、一人だとこの音楽がなかったら怖いかも知れない・・・と書いてあったんです。
私は一人ではなかったしそんなに恐怖心はありませんでしたが、入って最初の頃は”なるほど、確かに音楽がなかったら一人ではちょっと怖いかも・・・”と思いました。それ程に薄暗くて、人がいない(笑)
龍泉洞には沢山の観光客がいたけれど、ここではほんの数組の客とすれ違っただけでした。
暫くするとそんな寂しい洞内にもすっかり慣れ、むしろ人がいないから好きなように見学でき、あっちこっちで記念撮影しまくり(笑)
安家洞は人間に例えるとおじいちゃんの鍾乳洞だそうで、色は乳白色でなくて茶色がかってるのが多いですが、でもとても綺麗でした。

camera一番好きだった「神殿」とタイトルのついた場所

Cimg0911

一般公開されているはずの700メートルの内奥の方が一部見学できなくなっており、その中に私の楽しみにしていた部分が含まれていたのでガッカリ。どうして~weep
後で入口にいるおばさんに訊ねてみたところ、昨年の水害の影響で現在もまだ公開できない状態なのだとか・・・・
悔しいから、いつかまたリベンジしなくっちゃsign03

安家洞を出て、安家郵便局へ寄ってみました。
日曜日で開いてないのは承知の上ですが、例の如く、置いて帰れる場所はないものかと思いまして(笑)
そしたら、入口のところに「この時間は荷物などお預かりできます。切手・ハガキの販売もしています。御用の方はこちらへ」といった内容の立て看板があり、その案内に従って駐車場から奥の方へ。
扉に「御用の方はノックして下さい」と書いてあるのでノックを数回。でも人の出てくる気配ナシ。
あれ~?と思っていたら赤い郵便車でおじさんが戻ってこられて、無事に風景印依頼の封筒を託すことができましたhappy01

安家局<図案:安家洞の鍾乳石>

Akka

安家から県道202号線を走って次の観光地・北山崎へ向かいます。
旅行の計画を練っている時に一番不安だったのがこの202号線でした。地図には白く細い道で描かれていたもので・・・
そこで、この道についての情報を得ようと色々ネットで調べていましたら、私達が向かう安家~普代までとは反対方向の202号線(安家~葛巻)については沢山の情報がありました。
途中からは未舗装道路となり対向車とはすれ違えないくらい細い道になるとか、ガードレールもないとか、大きな乗用車はやめた方がいいとか・・・etc.
反対側もそんな道なら無理sign03sign03と思うのですが、安家~普代側の道路の情報がなっかなか出てこないのですdespair 岩泉方面へ引き返して行くとなると遠回りになるし、どうしたものかと悩んでいたら漸く202号線全ての情報が載っているサイトを見付けましたflair
リンクフリーとなってたから勝手に載せちゃいます。
県道生活@いわて
写真付きで詳細に岩手県の県道についての情報が載せられていて、お陰でこの道を走る決心がついたのでした。
その節は大変お世話になり、ありがとうございましたshine
探せば何でもあるものですねぇ、ホント便利な世の中ですconfident
多少なりとも知っているというのは心強いもので、202号線は不安なく走り終えられました。
普代に出たところで付箋ハガキをポストに投函。とても綺麗に押印されたのが返ってきて大変嬉しかったですnote

普代局<図案:陸中海岸、灯台、ハマユリ、鮭、北緯40度>

Fudai

海岸沿いの景色を時々楽しみながら、北山崎に到着。
風は強かったですが、晴れていて景色は綺麗でしたwink

Cimg0921

次に鵜の巣断崖へ。
ニュースで殺人事件の容疑者がここで偽装自殺を図ったとやってましたので、犯人潜んでないやろな~などと言いながら行ってみたんですけど、遭遇しませんでした(笑)

Cimg0931_2

この日の観光はここでお終い。泊まりは宮古です。

| | コメント (2)