福井県の風景印

2012年11月11日 (日)

北陸(石川・福井)遠征⑦ 鯖江・武生

県道18号線を走って、鯖江市に入りました。

postoffice河和田郵便局

Kawada

ここの風景印に似合いそうな、昨年の色どり年賀ハガキを押印台紙として準備。
ハガキに描かれた重箱部分は料額印面じゃないことは承知の上で、気付かれずに(或いは気付いてても見逃してくれて)その右下隅に押してくれるといいなぁ・・・なんて都合良く考えてました。が、応対して下さった方は残念ながら・・・なんて言うと失礼だけど(笑)正しい知識をお持ちの方で、それは叶わず(^_^;)

河和田局<図案:越前漆器会館、重箱、汁椀、天神山、河和田杉>

Kawada1

「正しい」位置に押印の結果、左側が見辛くなってしまいましたので、別のハガキにも。

Kawada2_2

押印を待つ間に、他の局員さんから『郵便局会社と郵便事業会社が統合して新会社になった記念カバーを作りませんか』と声を掛けられました。
初日カバーにはならないけど、熱意を買って(他ではそういう話は一切なかった)作成することに(^^)
50円以上の切手なら何でも好きなようにとのことで、郵便事業140周年に因んだ140円切手と、日本の郵便制度創始者である前島密1円切手を購入して貼付。消印は風景印でお願いしました。

こちら↓が、出来上がった統合記念カバーです。

Kawada1_2

Kawada2_3

Kawada3

一旦鯖江市を出て、越前市へ。

postoffice服間郵便局

Fukuma

服間局<図案:佐々木小次郎、小次郎公園>

Fukuma_2

佐々木小次郎の生誕地については諸説があり、福井県越前市もその1つだそう。更に、秘剣「燕返し」を福井の一乗滝で編み出したという話もあるようですね。
佐々木小次郎は別に好きじゃないけど、この風景印は何となく気に入ってます(^^)

戻って、再び鯖江市へ。

postoffice北中山郵便局

Kitanakayama

ここでは見本作戦が奏功!
綺麗な仕上がりに謝辞を述べたら、押印して下さった男性局員さんが「見本に負けないよう、一生懸命頑張りました」とのこと。嬉しいですね~(*^o^*)
他の方達とも色々話す内に、女性局員さんの旦那さんの実家が私の居住地近隣だったのにはビックリ。
まさか福井の郵便局でローカルな話が出来るとは(笑)
とても楽しかったです。

北中山局<図案:木造追儺面、加多志波神社>

Kitanakayama_2

postoffice鯖江郵便局

Sabae

次の鯖江桜局で自分自身が押印してみてわかったことですけど、この変形印を真下にちょいがけするのは難しい・・・(^_^;)
(印本体は丸いのに印影は楕円で、上部に普通の風景印にはない隙間があるから)
窓口のお姉さん、頑張ってくれたんですねぇ。ありがとうございましたm(_ _)m

鯖江局<図案:西山公園のツツジ、踏雲峡西山橋、レッサーパンダ、形-江戸時代の眼鏡>

Sabae_2

postoffice鯖江桜郵便局

Sabaesakura

鯖江桜局<図案:西山公園のツツジ、踏雲峡西山橋、西山公園の桜、形-江戸時代の眼鏡>

Sabaesakura_2

ここから越前市に入り、旧・武生市での局巡り。
残り時間は1時間と少し。ラストスパートでどれだけこなせるか!?時間との闘いになってきました。

postoffice吉野郵便局

Yoshino

吉野局<図案:愛宕山、本保陣屋跡、天保救荒碑、形-菊>

Yoshino_2

丁寧な解説書もいただきましたよ(^^)

Yoshino

postoffice芝原郵便局

Shibahara

芝原局<図案:愛宕山、家久遺跡発掘の壺・硯、柳原一里塚碑、形-菊>

Shibahara_2

postoffice武生桂郵便局

Takefukatsura

武生桂局<図案:松並木、町用水、形-菊>

Takefukatsura_2

postoffice武生天王郵便局

Takefutenno

武生天王局<図案:日野山、菊人形、金灯籠>

Takefutennou

postoffice武生大山郵便局

Takefuoyama

武生大山局<図案:日野山、越前打刃物、形-菊>

Takefuoyama_2

postoffice武生常久町郵便局

Takefutsunehisacyo

4時56分頃に滑り込み、ここで5時を迎えました。

武生常久町局<図案:紫式部公園の紫式部像・釣殿・池、日野山>

Takefutsunehisacyo_2

ちょっと真ん中が薄かったので、もう1つ。

Takefutsunehisacyo2

鯖江桜局の辺りからポツポツしていた雨が、車に乗り込んだ途端にザーっと激しく降り出しました。まるで、終わるのを待っていてくれたみたい(笑)
その雨も一時のことで、最後の王子保局へ到着する頃には上がりました。

postoffice王子保郵便局

Oshio

5時20分着。
時間内にここまで辿り着けていれば完遂でしたが、一歩及ばず。計画通り朝9時にホテルを出発してたら間に合ったでしょうに(^_^;)(笑)
依頼書や押印台紙などを封筒に入れて裏口の郵便受けに置いて帰り、後日郵送していただきました。

王子保局<図案:日野山と登山道、古代神楽、日野川の鮎>

Oshio_3

この後、今庄ICから北陸自動車道に入り、帰途につきました。
普通に走れば休憩込みでも10時迄には帰れるだろうと思ったら、全て終わって気が抜けたのか、夕食を兼ねた休憩を一度取った後も、疲労を感じたり眠くなったりで休憩してばかり(^_^;)
走ってるより休憩時間の方が長い有様で、家に着いたのは日付が変わってからでした(笑)

終わり~!
読んで下さった方もお疲れ様でしたm(_ _)m
10月はもう1回遠征したので、一息ついたら引き続き頑張ります・・・(+_+)

| | コメント (6)

2012年11月 6日 (火)

北陸(石川・福井)遠征⑥ 一乗谷

postoffice東郷郵便局

Tougou

東郷局<図案:一乗谷朝倉氏遺跡の諏訪庭園・唐門>

だいぶ摩耗していますね・・・(^_^;)

Tougou_2

12時半頃、最後の観光地である一乗谷の朝倉氏遺跡に到着しました。車中で軽く昼食を済ませてから見学へ。
駐車場のすぐ隣に復原町並というのがあって、そこだけ有料です。210円。

camera復原町並

入場券売場脇にある展望台からの眺め。

Ichijyodani1

東側(上の写真左側)には武家屋敷や町屋などの建物が復元されてます。中は当時の暮らしぶりを人形で再現。

Ichijyodani3

西側は門構えが復元してあるだけでした。

Ichijyodani2

有料の町並ゾーンを抜けて道路を横断し、館跡や庭園遺跡の広がるエリアへ。
(復原町並の南北にそれぞれ駐車場と入口があります)

その前に、朝倉氏の歴史についてご説明をば。
とか言う自分も、織田信長に滅ぼされたこと以外は詳しく知らなかったんですけどね~(笑)
要約するのが面倒なので、パンフレットの該当部分を丸写しにて(^_^;)

『朝倉氏は現在の兵庫県養父市八鹿町の豪族で、南北朝時代に朝倉広景が主家の斯波高経に従って越前に入国しました。朝倉孝景の代、1467年の応仁の乱での活躍をきっかけに一乗谷に本拠を移し、斯波氏、甲斐氏を追放して越前を平定しました。以後、孝景、氏景、貞景、孝景、義景と5代103年間にわたって越前の中心として繁栄し、この間、京や奈良の貴族・僧侶などの文化人が下向し、北陸の小京都とも呼ばれました。義景は、足利義昭を南陽寺に迎え観桜の宴を催しました。しかし天下統一の刀根坂の戦いで1573年織田信長に敗れ、朝倉氏は滅び、城下町も焼き討ちにあい灰燼に帰しました。』
(朝倉氏遺跡保存協会発行のパンフレットより)

因みに、孝景が2回出てきてますが、間違いではありません。同じ名前なんです。最初の孝景さんは7代目・英林孝景と呼ばれる人で、後に出てくる孝景さんは10代目・宗淳孝景と呼ばれる人だそう。ややこしい・・・(笑)

camera諏訪館跡庭園

東郷局の風景印図案になってる場所ですね。
義景の妻・小少将の館跡で、最も規模の大きい庭園遺跡。

Ichijyodani4_2

Ichijyodani5

camera中の御殿跡

義景の母・光徳院の館があったと言われるところ。

Ichijyodani7_3

camera湯殿跡庭園

最も古い庭園だそう。

Ichijyodani8

camera義景館跡と館跡庭園

Ichijyodani9

camera朝倉義景の墓

館跡の隅に、ポツンとありました。

Ichijyodani10

7代目の孝景さんのお墓・英林塚もあるんですが、諏訪館跡庭園のところから山道を登っていかなければならないようだったので、そっちは行きませんでした。

そして、朝倉氏遺跡と言えば思い浮かぶのはこれでしょう!
地方自治60周年切手の福井県版に採用されましたし、某CMにも使われてましたよね(^^)
一乗谷局と東郷局の風景印図案にもなっている、唐門です。

camera唐門

Ichijyodani12

Ichijyodani11

これは当時の遺構ではなく、朝倉義景の菩提を弔う為に建てられた松雲院の寺門だそうです。江戸時代中期に再建されたものを移築。

これにて観光は終了。
遺跡は綺麗に整備されており、気持ち良く散策出来ました(^^)

局巡りを再開。次は一乗谷局へ。
郵便局前の電信柱にはこんな立看板が。
ちゃんと風景印を宣伝して下さってるんですね(*^o^*)

Ichijyodani2

postoffice一乗谷郵便局

Ichijyodani

一乗谷局<図案:一乗谷朝倉氏遺跡の唐門>

Ichijyodani_2

入口を入ったところには、こんなスタンプも(^^)
看板にスタンプに、なかなかサービス心溢れる郵便局ですね。

Ichijyodani_3

一乗谷局終了時点で、時刻は午後2時5分。
ここからは5時まで、ひたすら郵便局巡りです!

石川・福井の遠征日記も漸く終わりに近付いてきました。
次回で終了予定。
10月中には・・・と思っていたのに、毎度のことながらのろまで申し訳ありません(^_^;)

| | コメント (2)

2012年11月 2日 (金)

北陸(石川・福井)遠征⑤ 福井市内

10月4日(木)

最終日。9時40分頃にホテルを出発。

postoffice福井照手郵便局

Fukuiterute_2

福井照手局<図案:九十九橋、アジサイ、足羽山>

Fukuiterute

postoffice福井毛矢郵便局

Fukuikeya_2

ここは、駐車場が分かり難いです。この写真↑を基準にして言うと、道路を挟んで右側の斜向かいに建設会社があり、そこの駐車場に2台分が確保されているようでした。
ただ、どこが郵便局用のスペースか何も表示がなかったので、車でお越しの方は、局内ATМ付近の貼り紙を見て確認するか、もしくは局員さんにお訊ね下さいませ。

福井毛矢局<図案:橋本左内像、足羽山トンネル、アジサイ>

Fukuikeya

postoffice福井西木田郵便局

Fukuinishikida_2

福井西木田局<図案:不動明王、アジサイ、足羽山>

Fukuinishikida_3

postoffice福井花堂郵便局

Fukuihanando

”花堂”と書いて”はなんどう”と読むそうです。間に「ん」が挟まると、柔らかい印象になりますね(^^)

福井花堂局<図案:松尾芭蕉句碑、玉江橋、足羽山>

Fukuihanando_2

postoffice福井江端町郵便局

Fukuiebatamachi

江端町局では他にお客さんがいなかったこともあってか、3人の局員さんが見本として出した他県の風景印を見て「これはどこの風景印ですか?」と訊ねてこられたり、切手との組み合わせに感心して下さったり。すっかり嬉しくなって、見本を幾つも広げて披露、暫く話し込んでしまいました(^^)

見本の持参はこの度の遠征から導入したばかり。
特に出来栄えの良いものばかりをピックアップしていて、”綺麗に押してね”というメッセージを言外に伝えるのが狙いですが、他の局でも似たような反応が多く、局員さんと話が弾むという副産物的効果があるとわかりました。
これは、一層局巡りが楽しくなりそうです♪

福井江端町局<図案:筆塚石碑、三日月池、アジサイ、足羽山>

Fukuiebatamachi_2

postoffice麻生津郵便局

Asouzu

麻生津局<図案:あさむつ橋、松尾芭蕉句碑、足羽山>

Asouzu_2

図案の「あさむつ橋」は、郵便局のすぐ傍。

cameraあさむつ橋

Asamutsu3

Asamutsu4

事前にあさむつ橋について調べたところ、和歌の歌枕(※)であり、清少納言の随筆「枕草子」にも記述があることが判明。
本棚の奥で眠りっ放しだった「枕草子」を引っ張り出して紐解いてみますと、
『橋は、あさむつの橋。長柄の橋。あまびこの橋。浜名の橋。一つ橋。うたたねの橋。佐野の舟橋。堀江の橋。かささぎの橋。山菅の橋。をつの浮橋。一筋渡したる棚橋。心狭けれど、名を聞くにをかしきなり。』と書かれています。
真っ先に名前が挙がっていることからして、当時は有名な橋だったのでしょう。
今となっては何てことなさそうなただの小さな橋で、そんな由緒ある橋には到底見えないですよねぇ(^_^;)

※歌枕とは、和歌にしばしば詠まれる名所のこと。

あさむつ橋について記した石碑と松尾芭蕉の句と西行の歌を記した石碑が、両脇に建てられていました。

Asamutsu2

Asamutsu1_2

石碑に自分の姿が写り込んでること、帰宅後まで気付かず・・・
画像を細工して何とか誤魔化そうと試みたものの、それも上手くいかず・・・仕方なく敢えてそのままで。見苦しいですが、どうかお許しを(^_^;)

石碑に刻まれた歌と句は、下記の通り。
「越に来て 富士とやいはん 角原の 文殊がたけの 雪のあけぼの」(西行法師)
「朝六つや 月見の旅の 明けはなれ」(芭蕉)

postoffice大土呂郵便局

Odoro

大土呂局<図案:文殊山、十一面観音菩薩像、水仙>

Odoro_2

postoffice上文殊郵便局

Kamimonjyu

上文殊局<図案:文殊山「児の火」>

Kamimonjyu_2

この後、一乗谷へ向かって行きます。

| | コメント (2)

2012年10月26日 (金)

北陸(石川・福井)遠征④ 丸岡・福井市内

2日目の続きです。

3時過ぎに安宅郵便局を出発、小松ICから北陸自動車道を走り、約30分で丸岡へ。石川県から福井県に突入しました。

postoffice丸岡霞郵便局

Maruokakasumi

丸岡霞局<図案:丸岡城、一筆啓上の碑>

Maruokakasumi_2

フォルムカードも早速全種類を購入。

福井①・・・恐竜

Fukui1

福井②・・・越前ガニ

Fukui2

福井③・・・眼鏡

Fukui3

福井④・・・水仙

Fukui4

次は、丸岡城へ。
民俗資料館と兼用の広い無料駐車場があるらしいですが、間違って別の駐車場に停めてしまいました。そこは最初の30分だか40分だかだけが無料で、超過すれば有料というところだったので、ちょっと急ぎ足で観光する羽目に・・・(^_^;)
これから行かれる方は、くれぐれもお間違えなきよう(笑)

camera丸岡城

Maruokajyo1

時間がないから写真だけにしとこうかと思ったら、入場料を払わねばこの場所へは辿り着けない仕組みになってました(笑)
民俗資料館と共通で300円也。
右下にあるちょっと黒ずんだ石碑、これが有名な一筆啓上の碑ですね。
石碑の文字が読める所まで近付き、無理矢理お城ごとパチリcamera

Maruokajyo2

さて、入場料を払ったからには中もきっちり見て帰らねば(^^)
現存12天守中、最も古い(1576年築城)というその天守閣には、危険な急階段が待ち受けておりました。

Maruokajyo3

この写真ではその凄さが殆ど伝わらないかも知れないけど、垂直に近い上にかなりの段差。
これはもうお城にのぼるというより、アスレチック・・・
命綱のように垂れ下がったロープと手摺にしがみつかないとのぼれません。頂上まで行くには、こんな階段を2回。手荷物を持ちスリッパを履いた状態では、とても大変でした(^_^;)
下りるのも、これまた怖かったし(笑) 

ところで、お城や橋には人柱を立てたという伝説がよくありますけど、この丸岡城もその1つ。天守閣の向かいに、慰霊碑が建っていました。

cameraお静慰霊碑

Maruokajyo5

子を侍に取り立ててもらうことを条件にお静さんという人が人柱になったそうですが、天守閣完成後に城主が移封となって、その約束は守られなかったらしい。酷い話ですね・・・
毎年堀が溢れるほど降るようになった春雨を”お静の涙雨”と呼んで、霊を弔ったんだそうですよ。

駐車場の時間が迫った為、民俗資料館はパス。
丸岡郵便局を一旦スルーして、先に5時までの丸岡横地局へ向かいました。

postoffice丸岡横地郵便局

Maruokayokoji

自分で押して良いとのことで、まずは試し押しから始めました。
が、力を入れると潰れ、抜くと写らない。絶妙な力加減を要する印に悪戦苦闘。
試し押し用紙を2枚消費して挑んだ本番も失敗の山で・・・これが一番マシな出来だったものです(^_^;)
そろそろ作り替えましょうよ~。面と向かっては言えず、こんなところにこっそり書く私(笑)

丸岡横地局<図案:表児の米、たけくらべ山>

Maruokayokoji_2

5時を少し回ったところで横地局を後にし、丸岡郵便局まで引き返しました。

postoffice丸岡郵便局

Maruoka

玄関付近に、一筆啓上切手の拡大版が(^^)

Maruoka2

丸岡局<図案:丸岡城、一筆啓上の碑>

Maruoka_2

丸岡局の駐車場でしばし休憩。ジュースとお菓子で空いた小腹を満たし、福井市内へ向かって走りました。

postoffice福井南郵便局

Fukuiminami

右側:福井南局<図案:足羽山、九十九橋、水仙>

Fukuicyuouminami

左側:福井中央局<図案:越前時代行列、御本城橋、足羽山、水仙>

postoffice福井中央郵便局

Fukuicyuou

ちょっとブレてますが、どうぞお許しをm(_ _)m
時刻は6時半。日没が早くなりました。すっかり秋ですね。
これでこの日の局巡りと観光を予定通り全て終了し、宿泊先である福井市内のホテルに向かいました。

| | コメント (4)

2012年3月14日 (水)

下味見局の風景印

福井の下味見局で3月9日より風景印が新規開始されましたので、郵頼しました(^^)

下味見局<図案:称名寺、龍双ヶ滝>-H24年3月9日より新規開始

Shimoajimi

日本郵便のHPによりますと、称名寺は桃山時代の建築様式を取り入れたお寺だそうで、龍双ヶ滝は落差60メートル、”日本の滝100選”の1つだそうです。
見に行ってみたいな~(^^)

| | コメント (4)

2009年7月16日 (木)

久しぶりの風景印巡り① 敦賀~北潟

4月以来、風景印巡りからまたしばらく遠ざかっていましたが、
某アーティストのライブを見に軽井沢まで出掛けることになり、ここぞとばかりに(笑)風景印巡りの計画も立てて行って参りました(^^)
県毎に数回に分けて掲載しようと思いますので、よろしくお願いします。

今回の風景印巡りは、福井の敦賀で高速を降り、そこから海沿いの景色など楽しみながら宿泊先である富山の小矢部まで向かうというコースにしました。
でも、敦賀から小矢部までの間にはとても沢山の風景印局があり、物理的に一日で全てをこなすことは不可能・・・
どこで時間切れになるかはその日の状況次第、ということに。
そして、7月10日の朝8時に自宅を出発、順調に走って敦賀には11時頃に到着。
風景印巡りの開始です☆

敦賀駅前通局<図案:火祭りの火御輿とたいまつ行列>

Tsurugaekimae

敦賀局<図案:気比の松原、松原海水浴場>

敦賀松栄局<図案:敦賀湾、フェリー、気比の松原>

Tsurugaturugamatsue

敦賀に到着する少し前から雨が降り出したのですが、始めは小雨だったのが敦賀局で押印を終えて出てきたらいつの間にかかなりの雨に・・・
雨の日の風景印巡りは、色々面倒くさい。
ハガキが濡れないように気を遣いつつ傘をさしたりたたんだりするのも手間だし、雨量が多いと傘をたたむ一瞬の隙にびしょ濡れになり、車に乗り込んだら濡れた身体や持ち物、車内を拭いたりもしないといけない・・・
乗り降りする度にそんなことを繰り返してると、余計な時間ばかりかかって仕方がない。
”ずっとこんな調子だと、途中で厭になりそう・・・”と思いつつ、次へ向けて出発。

ここから先は、楽しみにしていた海沿いの道。
・・・が、海も空も、灰色・・・
雨が降ってたから覚悟してたけど、目の当たりにするとやっぱりちょっとショック。
晴れてたらいい景色だったに違いないと思うと悔しくて悔しくて。
未練たらたらと走っている内に、杉津局に到着。

杉津局<図案:杉津海岸、みかん>

Suizu

杉津を過ぎると段々小雨になり、河野局に着く頃には雨が上がりました。
取り敢えずこれで、面倒になって風景印巡りを中止せずに済んだ(笑)
河野局のおじさんが、昼からは天気が回復するらしいと教えてくれました(^^)

河野局<図案:北前船、スイセン、山並み迫る海岸線>

Kouno

糠局<図案:スイセン、関東遭難慰霊碑、越前海岸>

Nuka

米ノ浦局<図案:カニ、スイセン、越前岬>

Komenoura

次第に周りが少し明るくなってきて、幾分か日本海らしい雰囲気の景色を楽しめるようになってきました。

cameraどこで撮ったか忘れたけど、道路から見えた海の景色

Cimg1120

Cimg1121

厨局<図案:越前ガニ、日本海、スイセン>

Kuriya

四箇浦局<図案:越前海岸、スイセン>

Sikaura

国見局<図案:越前海岸、松平春嶽公の歌碑、国見岳、サクラダイ>

鷹巣局<図案:越前海岸の亀島、鷹巣海水浴場、越前ガニ>

Kunimitakasu

国見局の駐車場(?)は海の真傍で、雨が降ってたせいか結構波が高い。
波の飛沫が駐車場にまで入り込んできてました。

cameraその駐車場のところから撮った海の様子

Cimg1122

ここまでで海沿いの道はお終い。
いつかまた、天気のいい時に是非リベンジしたいな(笑)

棗局<図案:朝倉山、テクノポート福井、福井石油蓄基地、ラッキョウ畑、ラッキョウの花>

Natsume

三国中元局<図案:三国祭の武者人形山車>

Mikuninakamoto

三国局<図案:東尋坊、龍翔館、ラッキョウの花、トリックアートコンテストシンボルマーク>

Mikuni

三国真砂局<図案:三国町郷土資料館・龍翔館>

Mikunimasago

北潟局<図案:安楽寺の金剛力士像、白山連峰、北潟湖の釣り風景>

以前妹がここの風景印を貰ってくれたことがあって、その時のものはインクが非常に薄い上に枠線もちゃんと映ってなかった為、再チャレンジ。
しかし・・・・・・インクは濃くなったけど、相変わらず枠線はダメみたい・・・(T_T)
摩耗してるのかもしれないと思い、これで諦めました。
郵便局を出たら、陽が射してきていいお天気に!!

Kitagata

吉崎局<図案:肉付面、北潟からの吉崎御坊>

ここも以前妹がもらってきてくれたので、それを載せます。
時間がないから今回立ち寄るのは省略しました(^_^;)

Yosisaki

福井県の風景印はここまで。
ここからは石川県に入りますが、それはまた後日☆

| | コメント (4)

2008年2月 8日 (金)

武生局の風景印

私の切手の入手先は、主に郵便局と金券ショップ。金券ショップは既に郵便局では手に入らない物が額面より安く、更に行きつけの店ではバラ売りOKなので欲しい分だけ買えてとっても重宝しています♪
昨日も金券ショップへ行ったら、何年も前からずっと探していたふるさと切手に遂に出会いました!嬉しい(*^o^*) その切手以外にもまだ未収集だったふるさと切手や古い5円時代の国体切手など色々買い込み、つい30分程前におろしてきたばかりの1万円札がそのままひらひらと飛んでいきました。久々に大漁でした。これだから金券ショップはやめられない♪とルンルン状態で帰宅。財布は寂しいけれど心は満ち足りています☆

武生局<図案:紫式部像、万代歩道橋、菊、日野山>

Takefu

| | コメント (0)