熊本県の風景印

2012年8月19日 (日)

熊本県庁内局の風景印

すっかり遅くなってしまいましたが、7月10日より新規開始された熊本県庁内局の風景印を。

熊本県庁内局<図案:阿蘇山、くまモン>-H24年7月10日より新規開始

Kumamotokencyonai1

Kumamotokencyonai2

返信封筒に押してもらったもの(部分)。

Kumamotokencyonai3

風景印に描かれた阿蘇山の雰囲気に一番近そうなのは、この切手かな!?

またしてもご当地キャラクターが登場しましたね。
「くまモン」は、2011年のゆるキャラグランプリ王者だそうです。キャラクターに疎い私は全く知りませんでした・・・(^_^;)

| | コメント (2)

2007年9月 5日 (水)

九州旅行⑤~熊本Part2

3日目最終日。まずは坊中郵便局へ。この日は土曜日で郵便局は閉まっていましたが、予め用意しておいた付箋葉書をポストへ投函しておきました。

坊中局<図案:中岳、リンドウ>

Boucyu

パノラマラインを走って阿蘇の景色を楽しみながらドライブした後、熊本市内へ向かいました。まず風景印をもらいに熊本中央郵便局へ。これが今回の旅最後の風景印となりました。文通相手への葉書も何枚か一緒に押印してもらったのですが、最初の一枚はとんでもない向きに押印されてしまいました・・・上の目印と印面の向きとが全然合っていなかったのです。押す前に確かめて欲しかったですが、既に後の祭り。この葉書が届いた方・・・ごめんなさいですm(__)m

Kumamotocyuou

風景印をもらった後は、日本三名城の一つである熊本城を観光。他の二つ(大阪城・名古屋城)には行ったことがあり、残るは熊本城だけだったので、是非見てみたかったんです♪天守閣・宇土櫓・数奇屋丸など見て回りましたが、私的には宇土櫓が良かったですね。時代を経た建物の持つ雰囲気、やっぱりお城はこうでなくっちゃ☆

Kumamotojyo

熊本城を出て、折角だからと二駅だけでしたが路面電車に乗車。路面電車っていいですよね♪路面電車のある街へ旅した時は必ず一度は乗ることにしています。今回は長崎・熊本両方で体験できました!長崎の路面電車はどこまで乗っても一回100円でとってもリーズナブルでしたが、熊本の路面電車は区間制でした。二駅で130円。長崎と比べてしまうと若干割高感は否めませんでしたが、連れが「新型の車両に乗れた!」と喜んでいたので良しとしましょう(^0^) 遅めの昼食を取った後、すぐ近くの小泉八雲旧居を見学。小倉へ6時過ぎには戻らねばならず、熊本滞在はこれにて終了となりました。

移動に時間を取られる行程でしたが、限られた時間の中で精一杯の観光と風景印を楽しめたと思っています(^0^) 考えてみると九州ってあんまり行ったことない気がするので、また遊びに行きたいな♪

※最終日は風景印が少ない為、文通相手の方にいただいた阿蘇近辺と熊本市内の風景印を載せておきますね~。

阿蘇局<図案:阿蘇噴煙遠望、登山者>

Aso

一の宮局<図案:阿蘇噴煙、阿蘇神社楼門>

Icinomiya

赤水局<図案:阿蘇風景、ゴルファー>

Akamizu

熊本東局<図案:水前寺成趣園、熊本城宇土櫓、阿蘇>

Kumamotohigasi

熊本平成局<図案:熊本城宇土櫓、平成さくら通り、桜>

Kumamotoheisei

熊本上通局<図案:熊本城、梅、桜>

Kumamotokamitori_2

熊本城東局<図案:熊本城、路面電車>

Kumamotojyoto_3

熊本水前寺公園局<図案:水前寺公園>

Suizenjikouen_2

全てgukouさんより。ありがとうございました♪

| | コメント (0)

2007年9月 4日 (火)

九州旅行④~熊本part1

フェリーの乗船時間は40分。遅めの昼食をフェリーの中で取ったりしている内に、あっという間に熊本へ到着。早いですね。風景印を集めつつ、菊池渓谷経由で宿泊先の阿蘇温泉へと向かいました。

鍋局<図案:雲仙岳、松原海岸、シャコ>

押印して下さった局長さん(?)が、ご自分の席から窓口まで走って持ってきて下さったのが面白かったです(^・^) 風景印巡りは時間との戦いだということをご存知だったのかも!?

Nabe

玉名高瀬局<図案:高瀬眼鏡橋、高瀬裏川>

Tamanatakase

玉名迫間局<図案:柳町遺跡>

Tamanahazama

菊水局<図案:江田舟山古墳、石人モニュメント>

窓口の若いお姉さんに風景印をお願いしたら、ベテランっぽい女の人と共に右手奥の仕切られた部屋へ。時折、二人の笑い声などが聞こえてくる以外はどういう状況か私にはわからず、大丈夫かな・・・とちょっと不安でした。しばらくすると「あ~」という声が。さては失敗!?部屋からベテランっぽい方の人が普通に「お待たせしました」と出てきて、なんだ失敗じゃなかったのかと一瞬思ったら、「日付の31日の3がちょっと映らなかったんですけど。」と笑顔で仰る。よく見ると、31日の3もないけど8月の部分も3に見える・・・これではちょっと満足出来ず、別の葉書を出してもう一度押してくれるよう依頼。すると今度は、ブレて二重になった上に位置決めの時に躊躇った跡でしょうか、押してあるのとは少しズレた位置に枠線が2ケ所映ったものが出てきました。これもダメ・・・ 予備の葉書はそんなに沢山準備している訳ではなく、これ以上のロスは困る!3枚目の葉書を出して「すいませんが自分で押させて下さい」と言ったら、2回目のは明らかに失敗だと思っていたらしく、「この分の切手代は弁償させていただきます」とのこと。3回目は自分で押して漸く満足のいく風景印になりました☆ これを機に、あの局員さん達が押印の練習をして下さるといいんですが××× 因みに、2回目の分を弁償と言っていたけれど結局両方とも弁償して下さいました。

Kikusui

山鹿日吉局<図案:八千代座>

とっても親切な郵便局でした♪風景印の押印を待っていると局長さん(?)が「どこから来られたんですか?」と話し掛けてこられ、私が答えるとオリジナルで作った絵葉書や熊本北部の風景印が載った郵便局MAPを下さいました。ありがとうございましたm(__)m

Yamagahiyosi

これがいただいた絵葉書とMAPです。

Vfsh0077

山鹿局<図案:八千代座、山鹿灯籠祭り>

Yamaga

鹿本局<図案:一本松公園、石の風車、来民うちわ>

何度試し押ししても局名の「本」の一部分が映らない・・・ 印面を見てみると、磨耗したのか欠けてしまったのか、ありませんでした。幾ら押しても映らないハズですね。

Kamoto

菊池局<図案:菊池神社、山桜、鞍ケ岳>

押印をお願いしたら、局員のおじさんが「ここの風景印は他所より大きいんですよ。」と仰いました。私は、確か風景印は大きさに規定があったはずだと思い、他でもらってきた風景印を見せて「この大きさじゃないんですか?」と尋ねたところ、「いいえ、もっと大きいんです。このくらい(と、指で直径5センチ位の円を描いた)。」とのお返事。そんな大きな風景印あるハズがないと思ったけれど、局員の方が自信たっぷりにそう仰るのだから本当にそうなのかも知れない。だとしたら、そんな大きな風景印是非見てみたい♪と楽しみに待ちました。手渡された風景印は!・・・・・・・・いつも通りの見慣れた大きさでした、ガックリ。何か別のものと勘違いでもなさっていたのかしら!?「別に大きくないじゃないですか!?」と突っ込んでみれば良かったですね^_^;

Kikuci

風景印巡りはここまでで、菊池渓谷に着いたのは6時少し前でした。駐車場はがらんとしていて、僅かに2台程の車が停まっているだけ。途中2~3組の観光客とすれ違いましたが、みなさんもう帰るところのようでした^_^; 人気のない夕方の菊池渓谷は・・・とっても寂しい。吸い込まれていってしまいそうでした。あまり奥まで行く時間はなく、少し歩いて引き返しましたが、次の機会があればもっと明るい昼間の内に訪れたいと思います。水際はひんやりしていて、夏には絶好の避暑地です!

Kikucikeikoku

この後ひたすら山道を走って、阿蘇のホテルに到着しました。

| | コメント (0)