長崎県の風景印

2013年5月16日 (木)

長崎西山局の風景印

3月29日をもって閉鎖となった長崎西山局の風景印。
最終日印を郵頼しました。

長崎西山局<図案:松森神社外囲い瑞垣の彫刻、大楠>-H25年3月29日にて廃止

Nagasakinishiyamaq

6年近く前に長崎を旅した時、この郵便局へ行くことも検討していたんですよね。でも、時間を工面できず・・・
あれが一期一会のチャンスだったと思うと、少~し悔しい気がします(^_^;)(笑)

| | コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

長与局、長与嬉里局、佐護局の風景印

4月2日は新風景印のプチ・ラッシュでしたね(^^)
日本郵便HPに掲載された、この日に使用開始となる新風景印は全部で8つ。
嬉々として郵頼準備をして投函、3日を過ぎるとそれらが続々と到着し始め、連日ポストを覗くのがとても楽しかったです♪

今日は、その8つの新風景印より長崎県の3つをご紹介。

長与局<図案:長与町キャラクター「ミックン」、長与ミカン、中尾城公園のエアロブリッジ、スパイラルスライダー、稗ノ岳>-H24年4月2日より新規開始

Nagayo

長与嬉里局<図案:長与町キャラクター「ミックン」のペーロン、堂崎の鼻、オリーブ、長与ミカン-形>-H24年4月2日より新規開始

Nagayoureri

2つの風景印に、またまたご当地キャラクターが登場しましたね。
ミカンの形をした風景印、とても可愛いです(^^)

佐護局<図案:佐護の田んぼ、ツシマヤマネコ>-H24年4月2日より新規開始

Sago1

返信封筒は田んぼの切手にしてみました。

Sago2

風景印と一緒に、こんな文書が。

Sago

2人しかいらっしゃらない郵便局に、1000通以上の郵頼・・・
そんなに押し寄せるものなのですね!
通常業務をこなしながらでは、さぞ大変だったことでしょう。これを印刷し折りたたむ作業も、更にご負担となったでしょうに。
私も手を煩わせた内の一人であり、これを読むと心苦しい限りでした(^_^;)

佐護局だけではなく、きっと他のところも同じような数の郵頼があったと思われます。
印影の美しさに病みつきとなって、一度やり出すとやめられなくなる初日印の郵頼。
依頼するこちらはポストに投函すればお終いで簡単ですが、その裏には押印を処理して下さる局員さんの多大なご苦労がある。わかっているつもりでいて、郵頼だとつい頭の中から抜け落ちてしまいがちなその部分を、改めて肝に銘じようと思います。
押印して下さった皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m

| | コメント (2)

2012年1月14日 (土)

為石局の風景印

郵頼していた竜図案の風景印が到着しました。
が、残念ながら印影はイマイチでしたね・・・(^_^;)

為石局<図案:阿池姫伝説の竜、スイセン>

Tameishi

因みに阿池姫伝説について簡単に説明しますと、平安時代、領主の娘である阿池姫が船ごと池に沈んでしまい、姿を竜に変えて池の守護神となった・・・というお話だそうです。
もっとちゃんと知りたい方は、ネット検索してみて下さいませm(_ _)m

| | コメント (6)

2009年10月20日 (火)

福江局の風景印

郵趣に全く興味のない友人が、実家へ帰省するついでに風景印を貰ってきてくれました!
風景印仲間の方からいただく風景印も勿論とても嬉しいのですが、興味ない人が私の為に貰ってきてくれる風景印はまた更に格別なものがあります。
今回のは、自分では行きそうにない場所である、という点もポイント高いです(笑)
(長崎県の五島列島、福江島というところ)
話を聞くとこの度の帰省は台風と重なったり、他にも色々ハプニング続出で大変だったとのこと。
にも拘わらず貰ってきてくれた、その気持ちがホントに嬉しいです、どうもありがとう☆

福江局<図案:石田城趾、チャンココ踊り>

Fukue

るり♪さんより、ありがとう☆☆☆

そうそう、五島列島の教会群をあしらったフレーム切手も買ってきてくれたのです。
こちらもありがとう、大事にするね(^^)

| | コメント (6)

2007年9月 3日 (月)

九州旅行③~長崎Part2

旅行2日目は、原爆資料館、原爆落下中心地、平和公園、浦上天主堂の観光から。宿泊ホテルがちょうど原爆資料館の近くで、車をそのまま預かってもらって歩いて行きました。

原爆落下中心地と平和公園の間に長崎松山局があり、そこで2日目最初の風景印をGET。(左側は前日もらった長崎北局)

長崎北局<図案:平和祈念像、浦上天主堂>

長崎松山局<図案:平和祈念像、あじさい>

Nagasakikitamatsuyama

Heiwakouen午前中はもの凄くいい天気で、平和公園から浦上天主堂まで歩く間に全身汗だくになってしまいました。

Urakami

原爆で破壊され、再建された浦上天主堂。壊れた天主堂の一部は原爆落下中心地の傍に移築してあり、凄まじい破壊の痕跡を見てとれました。写真手前の像は、原爆で被爆したものだそうです。戦争や原爆のことを考える時、人間ってなんて恐ろしい生き物なんだろう、と思わずにはいられませんね・・・

浦上天主堂を出た後ホテルへ車を取りに戻り、熊本への移動を開始。風景印を集めながらの移動です。

長崎中央局<図案:オランダ船、出島>

長崎東局<図案:古賀人形、旧長崎街道・番所橋>

Nagasakicyuouhigasi

日見局<図案:ペンギン水族館、ペンギン、ラッコ>

Himi

多良見局<図案:菊、長崎街道の碑、長崎街道、杉並木> みかんの形です。

長崎で私の回った郵便局は総じて待たされることが少なく(日付もきちんと入れ替えしてある所が多かった)感心してたんですが、ここはこの旅の中で一番の待ち時間となりました。
とても忙しそうな郵便局で、窓口で押印依頼をした後もなかなか押して貰えず、先を急いでいる身としては最初はソワソワ、段々イライラしてきてしまいました(笑)
気持ちに余裕がないって、ダメですねぇ(^_^;)

Tarami

瑞穂局<図案:岩戸神社、水車、稲穂、雲仙>

Mizufo

国見局<図案:鍋島邸、有明フェリー、イチゴ、メロン、蟹、サッカーボール>

Kunimi

南高湯江局<図案:雲仙岳、舞岳、千人浮立>

Nankoyue

有明局<図案:雲仙普賢岳、舞岳、8888段の階段、湯江川、大根、牛、蟹>

長崎でもらった最後の風景印。2時発の有明フェリー(長崎・多比良と熊本・長洲を40分で結ぶ)まで少し時間が余り、予定を立てる段階でとりやめた南高湯江と有明を急遽もらいに行くことにしたんですが、有明局に着いた時点で大分時間が差し迫ってきていました。日付の入れ替えから始まったのを見て、心の中で「兄ちゃん、なるべく早く頼むで~!」と祈りました。日付管理簿も記入し終えて、さぁ押すぞという段になって電話が鳴り、あろうことかその兄ちゃんが電話に出るではありませんか!「嘘やろ~っ!!!」(心の叫び) 私の”早くして!”光線に気付いた・・・かどうかはわかりませんが(笑)こちらをチラッと見て電話を切り上げてくれ、私は押してもらった風景印を持って、ダッシュで郵便局を飛び出したのでした。無事にフェリーに間に合い、良かったです(^0^)

Ariake

| | コメント (0)

2007年9月 2日 (日)

九州旅行②~長崎Part1

長崎へと向かう高速道路の所々で土砂降りの大雨・・・ 一時はどうなることやら!?と思いましたが、長崎に到着する頃には雨はやんでいました、ホッ(^0^)

まずはそのまま車で風景印収集。7局を回りました。(7局の内の長崎北局分は都合上、次回に載せますね)

長崎小曽根局<図案:大浦天主堂、グラバー亭>

Nagasakikozone

長崎大浦局<図案:唐人屋敷跡、グラバー亭>

Nagasakioura

長崎梅香崎局<図案:牌楼中華門>

Nagasakiumegasaki

長崎天神局<図案:二十六聖人記念館、金比羅山>

二十六聖人というのは豊臣秀吉の時代に捕らえられたキリシタンで、当時ゴルゴタの丘に似ていたという記念館の建つ長崎・西坂町の丘での処刑を望んだのだそうです。ここへも行ってみたかったのですが、時間の都合でやむなく断念。

Nagasakitengin

長崎稲佐局<図案:稲佐山のロープウェイ、あじさい、もみじ、桜、つつじ>

長崎梁川局<図案:天女廟、稲佐山、ロープウェイ、あじさい>

Nagasakiinasayanagawa

この後一旦ホテルにチェックイン。車と荷物を置いて、路面電車の一日乗車券を購入し、再度出発です。時間短縮の為、連れと二手に分かれてそれぞれ二つずつ風景印をもらいに行くことに。風景印ばっかりで、観光は!?って感じですよね(笑) 風景印は平日の5時までという制約がある為、さっさとやっつけておかないと気になってオチオチ観光してられないんです^_^; 観光もしたいし、風景印も欲しい・・・辛いところです。

長崎桜町局<図案:路面電車、桜町公園の斉藤茂吉の歌碑>

Nagasakisakuracyo

長崎中川局<図案:シーボルト像、あじさい>

Nagasakinakagawa

長崎新大工町局<図案:飾りをかつぐ人、古城址>

Nagasakisindaikucyo

長崎銅座町局<図案:オランダ漫才、崇福寺山門> 出島の形です。

Nagasakidozamaci

予定していた風景印を集め終わったところで漸く観光へ(笑) まずは出島観光。明治以降周辺が埋め立てられて扇形の出島の形はなくなってしまったそうですが、近年建物がいくつか復元されていて、それらを見ることができます。パンフレットによれば、長期復元整備計画として「四方に水面を確保し、19世紀初頭の扇形の島の完全復元を目指す」とのこと。ただ、この為には「大規模な市街地改造が必要」で、相当時間がかかるみたいです・・・ いつか扇形の出島に戻ったら、また行ってみたいですね。

次はグラバー園へ。グラバー園はその昔、中学の修学旅行で行って以来なので○○年振り!!ライトアップ期間中は夜9時半まで営業しているとのことで、夕方6時頃から向かいました。周辺の土産物屋はみんな既に閉店・・・寂しい。グラバー園の隣にある大浦天主堂も既に門が閉じられていましたが、写真だけ撮りました。

Ouratensyu

夜のグラバー園は、夜景が素晴らしく綺麗でした!!!!特に、一番高いところにある旧三菱第2ドッグハウス辺りからの眺めが最高(^0^) 予定ではグラバー園の後、ホテルへ戻って車で稲佐山へ夜景を見に行くつもりでしたが、車では中腹までしか上がれないし(中腹からは夜景は見えないとのこと)、ロープウェイは往復一人1,200円もするとホテルの人に聞き躊躇していたんです。(ケチ根性丸出しですね^_^;) 思いがけずグラバー園から素晴らしい夜景を見ることが出来、稲佐山へ行く必要はなくなりました♪

Yakei

↑ あまり上手に撮れていませんが、グラバー園からの長崎の夜景です(^0^)

夕食は長崎ちゃんぽん。初めて食べましたが、魚介のだしが効いて美味しかったです♪

| | コメント (0)