愛媛県の風景印

2012年11月19日 (月)

西予局の風景印

郵便事業会社と郵便局会社の統合により、宇和支店が10月1日より西予郵便局と名前を変えてスタート。
その際、新たな図案の風景印も用意されましたので、郵頼しました(^^)

西予局局<図案:鍾乳洞から湧き出る観音水、宇和米博物館>-H24年10月1日より使用開始

Seiyo

宇和支店最終印も依頼しておきました。
この風景印は、現在も宇和郵便局にて使用中です。

<図案:旧開明学校校舎、宇和茶>-宇和郵便局にて使用継続中

Uwa

さて、インターバルと称して郵頼ものが続いておりますが、10月第2弾の遠征分については、只今鋭意作成中です。
1回目の半分程が出来上がったところですので、もう暫くお待ち下さいませm(_ _)m
早くしないと12月になっちゃうよ・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2012年5月15日 (火)

愛媛旅行④~今治

今治市に入りました(^^)

postoffice菊間郵便局

Kikuma

菊間局<図案:お供馬走り込み、菊間瓦の鬼瓦>

Kikuma_2

私が菊間局で風景印を押印したりしている間、母は軽食とおやつの買い出しに、国道を挟んで斜向かいのコンビニへ。
慣れている自分はいいとして、母にまでちゃんと昼食を摂ることも出来ない行程を共にさせることになり、ちょっぴり罪悪感・・・(^_^;) 「カロリー摂り過ぎだから、ちょうどいい」と言ってくれるんですけどね。次の郵便局へと車を走らせながら、二人でコンビニのおにぎりを頬張りました。

(注:菊間局から国道196号を十数キロ走った辺りにある大西局は、回り切れないと践んで、最初から予定に入っておりませんm(_ _)m)

postoffice今治延喜郵便局

Imabariengi

今治延喜局<図案:来島海峡大橋、野間馬>

Imabariengi

次に予定していた今治常盤局は、曲がる交差点を間違え、ルートを逸れてしまいました。計画時の目算が甘かったらしく、かなり時間が押していましたし、残念だけど戻る余裕は無いと判断。そのままスルーしました(^_^;)

postoffice今治松本郵便局

Imabarimatsumoto

局員さんが親切な方で、今治市内の地図をコピーして郵便局の場所に印をつけて下さったり、観光案内して下さったり。
生憎時間が無くて、局員さんが是非にとお勧めして下さった今治城は、外から写真を撮っただけ。でも、地元ならではの情報を教えていただきましたので、今後観光する方の参考になるよう、ここに書いておきますね。
堀の外側に有料駐車場が設けられてますが、そこには置かずにそのままお城への入口を車で入って行くと、奥の方に無料で停められる駐車場があるそうです。(平成24年4月現在)

右側:今治松本局<図案:今治城天守閣、来島海峡大橋>

Imabarihigashimonmatsumoto

左側:今治東門局<図案:今治城、来島海峡大橋>

postoffice今治東門郵便局

Imabarihigashimon

ここのお姉さん達も色々親切でした。
帰り際には「室屋町局にもお城の風景印がありますから、行ってみて下さい」と仰って下さり、「そうですね」なんて返事したんですけど、ごめんなさいm(_ _)m 余裕があれば行きたかったんだけど、室屋町局はいずれまた・・・(^_^;)

今治城は、東門局のすぐ近く。観光は出来ないけど、堀の周囲を車でぐるっと回りながら写真ポイントを捜したところ、「旅の風景シリーズ 第9集」の今治城切手と同じ場所を見付けました(^^)
(松本局と東門局の押印に使用した連刷切手がそれですので、見比べてみて下さい)

camera今治城

Imabari1

東門局の風景印に描かれてるのも、多分ここですよね。他の場所からも色々撮ってみて、ここが一番収まりが良いようでした。

postoffice今治郵便局

Imabari

今治局<図案:来島海峡、来島海峡大橋、野間馬>

Imabari1

郵便局窓口で押印してもらいましたが、う~ん、これはちょっと・・・(+_+)
満足出来ずに、今度はゆうゆう窓口へ行って風景印をお願いすると、局の窓口で貰ってくれとの返事。局会社のものはもう押印済みで、支店の風景印が欲しいのだと食い下がると用意して下さいました。が・・・・

今治支店<図案:来島海峡、来島海峡大橋、野間馬>

Imabari2

こっちもダメか・・・(T_T) 印自体の問題なのか、押し方の問題なのか・・・
今改めて見返してみると、丁寧に押せばどちらももっとマシになりそうな気がするんですけど、どうでしょうね!? いつか、貰い直したいと思います(^_^;)

追記:
H24年10月1日より「支店」と「郵便局」は統合され、今治郵便局となりました。

postoffice波止浜郵便局

Hashihama

波止浜局<図案:来島海峡、来島海峡大橋>

Hashihama

ところで、波止浜局を済ませたら、糸山公園の展望台へ行くことにしていました。
知らない土地なのですから、多少迂回することになっても大きな道に沿って行くというのが普通の選択肢・・・というか安全策だったでしょう。しかし、地図上に糸山公園方面への近道のような細い道があるのを見た私は、その得体の知れない道を走るという暴挙に出ました(笑)
言葉で説明しても解りにくいと思うので、下記のリンクから地図を見ていただきますと、「波止浜1」と地名が書かれている右上辺り、海の間を横切るような白い道がそれです。
(因みに波止浜郵便局は、「地堀1」と「内堀2」の間にある信号の辺りです。)

http://www.mapion.co.jp/m/34.10345815896409_132.97158068598125_8/

その海上の道は、道と言うより石畳の堤防のような感じでした。
自分の後ろにもう1台軽自動車がいるのをバックミラー越しに認め、他の車も通るのだから大丈夫と確信して渡り始めたんですが、暫く走るとその堤防道の真ん中に、車止めのポールのようなものが2つ突き出ているのが目に入りました。ギャー!!通れない!後ろからも車来てるのにどうしよう(>_<)
取り敢えず、精一杯傍に寄せて停車。困ったことになってしまった・・・と思っていたら、後続の軽自動車がスッと私達を追い越し、そのポールとポールの間を上手にすり抜けて行くじゃありませんか。通れるんだ!目から鱗(笑) 反対側からも立て続けに3台車がやってきて、皆上手にポールをすり抜けて行きました。
どうやらポールは、ギリギリ軽自動車1台分くらいの間隔で設置されているようでした。
真似をして何とか通り抜けることが出来たものの、もし地元の方が通らなかったら、ポールの前で途方に暮れていたに違いなく・・・(^_^;)
やっぱり他所者は無難な道を選ぶべきということでしょうか。でも、これからも似たようなことを色々とやらかすんだろうな、きっと。
これも、観光で訪れたなら走ることもないような道を行く風景印巡りならではの醍醐味!?なんてね(笑)
(蛇足ですが、ポールを抜けた後は普通の道でした。)

肝を冷やしたショートカット道を抜けて辿り着いた糸山公園の展望台からは、しまなみ海道の来島海峡大橋を間近に眺められました。

camera糸山公園展望台より来島海峡大橋

Imabari2

眺めは最高でしたけど、毛虫の多さには辟易(+_+) 「毛虫注意」の貼り紙通りに、それはもううじゃうじゃと。
ここで景色見ながら腰掛けておやつでも・・・と思ってたのに、座れないし(椅子の足元から毛虫がよじ登ってくる)、毛虫を気にしながらの立ち食いじゃ折角のお菓子が台無しでしたよ(笑)

この後に予定していた今治大浜局も、時間不足でカット。結局今治では3局削りました。風景印巡りは、往々にして予定通りにはいかないものですからね(^_^;)

さて、今治北ICから高速に入りまして、しまなみ海道を渡ります。
初めてなので、とても楽しみにしていました♪(母はこれで3度目)
祝☆しまなみ海道渡り初め、ですよ(*^o^*)(笑)
点在する島々を結んで走るしまなみ海道は、瀬戸大橋や神戸淡路鳴門道とは趣が違い、自分達のすぐ脇を自転車が走っていたりして、なかなか新鮮でした。

途中、愛媛県最大の島である大三島に降りて、この旅最後の観光&局巡り。
まずは2つの風景印局から(^^)

postoffice上浦郵便局

Kamiura

上浦局<図案:大三島橋>

図案の大三島橋は、本州四国連絡橋の中で最初に開通した橋だそうです。

Kamiura1

Kamiura2

postoffice大三島郵便局

Omishima

大三島局<図案:大山祗神社、国宝・大鎧と鎮太刀>

Omishima

これにて、郵便局は全て終了。次は、大山祗神社の観光・・・のその前に、車を停めた道の駅「しまなみの駅御島」でショッピング。お土産は勿論、もう帰るんだからと果物や野菜まで買い込みました(笑) ひとしきり買って気が済んだら、今度こそ大山祗神社へ。
鳥居をくぐって進むと、乎知命(おちのみこと)が植えたと伝わる、樹齢約2600年の巨大な楠が現れました。御神木だそうです。

camera大山祗神社御神木

Imabari3

Imabari4

根っこに近い部分は、こんな風に空洞になっちゃってます。それにしても、樹齢2600年って・・・2600年前の日本は何してた頃だっけ?弥生時代くらい?
そんな時からずっとここで生きてきたなんて、ちっぽけな人間には想像もつきません(^_^;)

camera大山祗神社

Imabari5

近くに藤公園もあるというので行ってみました。
例年、ゴールデン・ウィークの頃には見頃を迎えるそうで、ちょっと早くても幾らかは見られるかと思ってたら、一番日当たりが良く、沢山花を付けているものでこの位。他はまだ全然でした、残念。今年は桜も遅かったから、藤も遅めかな!?

Imabari6

藤はまだまだだったけれど、藤棚の脇ではボタンが綺麗に咲いていました。

Imabari7

最後に、しまなみ海道の多々羅大橋を見渡せる公園へ。

camera多々羅大橋

Imabari8

橋と背景とが一体化してしまい、解りにくい写真ですみません(^_^;)

今回の愛媛旅行は、これでお終い。しまなみ海道の続きを走り、山陽自動車道経由で帰宅しました。
毎度の如く長くなった旅日記、読んで下さりありがとうございました!

終わった~と一息ついてサボリたいところですけど、まだまだUPせねばならぬものが後ろに控えてます。
引き続きぼちぼち頑張る所存ですので、またよろしくお願い致しますm(_ _)m

| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

愛媛旅行③~松山

<3日目>4月24日(火)

旅も最終日となりました。
テレビの天気予報では、最高気温25℃、5月下旬並みとのこと。半袖持ってくれば良かったな・・・(^_^;)

9時頃にホテルをチェックアウト。車はそのまま預かってもらい、路面電車にて鉄砲町まで移動。まずは本日1つ目の郵便局へ(^^)

postoffice松山鉄砲町郵便局

Matsuyamateppocyo

松山鉄砲町局<図案:松山城天守、火縄銃、文京地区>

Matsuyamateppocyo_2

鉄砲町局から松山城のロープウェイ乗り口まで歩くと、それだけでもう堪らないくらいに暑い(+_+) 急に暑くなられても身体がまだ慣れてないから、対応しきれないんですよね・・・
さて、松山城へはロープウェイかリフトか徒歩で登ることになりますが、私達はロープウェイに乗りました。

cameraロープウェイ

Matsuyama10

cameraリフト

Matsuyama9_2

ロープウェイを降りて歩いていくと、こんなアングルで天守閣(奥の建物)が見えてきました(^^)

Matsuyama11

これは面白いのが撮れた!と思ってたんですけど、後でパンフレットを見たら、手前の櫓ごと全体がきっちりと収まった、似たような(もっと上手な)写真が掲載されてました(笑)

camera松山城天守閣(左が小天守、右が大天守)

Matsuyama12

松山城は現存12天守の1つで、国の重要文化財。
標高約132メートルの山頂に築かれ、大天守だと標高は約161メートルになります。これは、現存12天守の中では一番高いんだそうですよ(^^)

camera大天守からの景色

Matsuyama13

帰りはロープウェイには乗らず、黒門口登城道を徒歩で下りました。

午前11時過ぎにホテルの駐車場を出発し、今治方面へ向けて風景印巡りを開始。

postoffice松山本町郵便局

Matsuyamahonmachi

松山本町局<図案:旧松山藩道路元標・松山札之辻、松山城天守閣、桜>

Matsuyamahonmachi_2

順路で言えば次は松山山越局なのですが、今回は時間の都合でカットしました。

postoffice堀江郵便局

Horie_2

堀江局<図案:太山寺本堂、堀江港、タオル>

Horie_3

postoffice北条郵便局

Houjyo

北条局<図案:鹿島、鹿>

窓口のお姉さんに押印を依頼したところ、後方の席にいらした男性局員さんにバトンタッチ。椅子に腰掛けて暫く待っていました。
そろそろ出来上がってもいい頃合になっても、一向に席を立つ気配はなく、ポンポンポンと何度も響いてくるまんじゅう(風景印用の丸いインク台)の音。
それを聞いている内に、印の状態が悪くて何度試しても上手くいかないんじゃないかとか、インク補充したてで滲みまくって上手く押せないんじゃないかとか・・・段々良からぬことが頭をよぎり始めました。男性局員さんが漸く席を立ち、何だかちょっと申し訳なさそうな表情でこちらへ向かってくるのを見て、”あぁ、やっぱり駄目だったんだ(>_<)”とカウンターへ。
受け取ると、あれ!?全然悪くない。と言うより寧ろ、とっても良いじゃないですか。唖然としている私に、「調整にかなり手間取って、お待たせしてしまってすみません」と。それであんな顔してたのね(^_^;)
鳩が豆鉄砲食らったみたいになって、「ありがとうございました」と頭を下げただけになってしまったんですが、再び車を走らせ始めてから後悔しました。とても綺麗で嬉しかったこと、もっと言葉にして伝えれば良かったな・・・

Houjyo_2

postoffice北条浅海郵便局

Houjyoasanami_3

北条浅海局<図案:浅海漁港、赤灯台、ゴルフ場、腰折山>

Houjyoasanami_4

ここは、他局ではもうあまり見掛けなくなった数年前の記念切手やふるさと切手も置いてあり、なかなか豊富な品揃えでしたよ(^^)

松山市とはここでお別れ。次回は今治市編をお届けしますm(_ _)m
(なるべく早くUP出来るよう、頑張ります(笑))

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

愛媛旅行②~下灘

ほぼ予定通り、午後1時過ぎに内子を出発。
少し遠回りになりますが、大洲市・伊予市を経由するルートで宿泊地の松山市内へ向かいつつ、風景印を巡っていきました。

postoffice五十崎郵便局

Ikazaki

五十崎局<図案:大凧合戦、手漉き和紙>

Ikazaki_2

postoffice新谷郵便局

Niiya

新谷局<図案:旧新谷藩陣屋・麟鳳閣、モミジ、菖蒲>

Niiya_2

postoffice八多喜郵便局

Hataki

八多喜局<図案:祇園山、八重桜、肱川の鮎>

Hataki_2

postoffice白滝郵便局

Shirataki

白滝局<図案:白滝、るり姫祭>

Shirataki_2

postoffice伊予長浜郵便局

Iyonagahama

伊予長浜局<図案:白滝、長浜大橋>

Iyonagahama_2

postoffice下灘郵便局

Shimonada

下灘局<図案:下灘駅、水平線に沈む夕日>

Shimonada_2

わざわざ遠回りなルートを選択したのは、駅の真傍に海、そして夕日が印象的に描かれている、この下灘の風景印を入手したいが為でした。前々から本を見てず~っと気になっていたんです。
時間の都合上、夕日は無理でしたが、風景印を入手した後は実際に駅へも寄ってきました(^^)
事前に調べてみたところ、青春18切符のポスターに何度も使われたり、映画やドラマのロケ地になったりしているそうですよ。

camera下灘駅

Shimonada5

無人駅ですので、ずいずいっとホームへ。

Shimonada1

Shimonada3

逆光であまり綺麗な写真にならず、すみません(^_^;)
ホームからは海が見渡せ、とっても気持ち良かったです(^^)
現在は間に国道が走ってますけど、昔は本当に駅の向こう側は海だったんだそう。

風景印には小さく灯台も描かれていたことを思い出し、角度を変えてもう一度撮り直し。アングルは違えど、夕日以外は風景印に描かれてるものが収まりました♪
(そう言えば風景印では駅名標は平仮名だけですね。風景印が作成された当初は平仮名だったんでしょうか?)

Shimonada2

ところで、駅舎の前やホームの周りに色とりどりの花が植えられていることに、写真を見てお気付きでしょうか!?
これらの花は、遠くから駅を観光しにやって来る人達の為、地元の方達が植えて、手入れをして下さっているそうなのです。さっきその手入れが終わったところなのだと、駅舎のベンチで休憩してらした3人のおじいさん達が話して下さいました。何とも温かい心遣いですね(^^)
そして、記念に・・・と手作りの品をプレゼントして下さいました。ありがとうございますm(_ _)m

camera手作りの記念品

Shimonada6_2

そのまま暫くおじいさん達と雑談をしていたら、「トイレも毎日ピカピカに掃除しているから、良かったら使っていきなさい」とのこと。いくら毎日綺麗に掃除しているとは言っても無人駅なんだし・・・と、然程期待せずに中を覗いてみると、あらビックリ!本当に綺麗なトイレなんですよ。とても無人駅のそれとは思えません。もしかすると、これも観光客の為にと、地元の方達が改装などして下さったのかも知れませんね。
そうこうしている内に、なんと電車がやって来ました!

Shimonada4

駅に停車中の電車を写真に撮れたらいいのにとは思ってましたが、本数も少なく諦めていたので、これには興奮しまくりでした(笑)

下灘局と下灘駅とですっかり満ち足りた気分になった私(*^o^*) 車に乗り込んで「もういつ終わってもいいやって感じ」と言うと、母が「折角準備してきたんだから、ちゃんと予定通り全部回らなきゃ」と。母の方がやる気満々!?(笑)

postoffice双海郵便局

Futami

双海局<図案:ふたみシーサイド公園内の像、夕日、潮風ふれあいの館、本尊山>

「うちのは何故かモアイ像なんですよ」と仰る局員さんに像について訊ねると、そんなに大きくはなくて真ん中に穴が開いており、そこから夕日が見れるようになっているのだと教えて下さいました。ちょっと面白そうですね!

Futami

順路的にはここで伊予五色姫局が入ります。五人のお姫様が並んだ可愛らしい風景印の郵便局です。訪問するかどうか最後まで悩みましたが、時間節約の為見送りました。
風景印をご覧になりたい方は、こちら(伊予五色姫局の風景印)でどうぞ。

postoffice伊予郵便局

Iyo

伊予局<図案:五色浜、大ソテツ、温州みかん>

Iyo

postofficeエミフルMASAKI郵便局

Emifurumasaki1

エミフルMASAKIとは、フジ(中四国でチェーン店を展開するスーパー)系列の巨大なショッピングモール。周囲には様々な店が集合し、ここへ来れば買物は全て事足りそうな気がします。2008年開業とのことで店内はまだ新しく綺麗で、ゆっくりショッピングしてみたい気持ちは山々ながら、お洒落な店の数々を横目に郵便局へ直行(笑)
郵便局は、外からも直接出入り出来るようになってます。

Emifurumasaki2

エミフルMASAKI局<図案:ひまわり>

Emifurumasaki

ひまわり形の外枠の中に更にひまわり。可愛いですよね(^^)

postoffice松前郵便局

Masaki

松前局<図案:おたたさん、伊予灘、松山城天守遠望>

Masaki

松前局終了時点で時間は4時50分過ぎ。
あとちょっとで松山市内というところまで来ましたが、ここで局巡りは終了となりました。
車内で待つ母に「予定通り全部回れたの?」と訊かれ、松山市内でもう1つ5時までの郵便局を予定していたと答えると、ちょっと不満そうでした(笑)
前回の高知では、予定通りきっちり全部回りましたからね(^_^;)

一旦ホテルへ戻ってから、一人徒歩にて松山中央局へ。

postoffice松山中央郵便局

Matsuyamacyuou

左側:松山中央局/右側:松山支店<図案:松山城天守閣、道後温泉本館、姫ダルマ、正岡子規の句碑>

Matsuyamacyuoumatsuyama

追記:
H24年10月1日の会社統合により、松山支店は松山中央郵便局となりました。

中央局までの道中、交差点からチラ見えする松山城が気になって仕方なかったもので、帰りは写真ポイントを求めてウロウロ。気付けば県庁の近くまで来ていました。
ついでに県庁の写真も・・・とカメラを構えたら、タイミングよく路面電車が(^^)

camera愛媛県庁と路面電車

Matsuyama7

そう言えばこんな図案の風景印があったような・・・?
後で本を確認したら、それは愛媛県庁内局でした。今回は未訪問なのですが、その風景印は宜しければこちら(松山の風景印)で(^^)

県庁前から西に向かって歩くと、だだっ広い公園か広場のような場所に出て、そこから漸く松山城の写真を撮ることが出来ました(^^)

camera松山城

Matsuyama8

その後、中央局へ行ったきりなかなか戻ってこない私に痺れを切らした母から電話があり、急いでホテルへと戻ったのでした(笑)

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

愛媛旅行①~松山・内子

昨年11月の高知旅行から約5ケ月、「母と用事のついでに四国旅行」第2弾が実現しました!
前回いきなり沢山の郵便局へ連れ回したので、内心もう次はないのではないか・・・と思ってましたが、再びお誘いがありまして、4月22日から2泊3日で、松山や内子、今治へ行って参りました(^^)

<1日目>4月22日(日)

この日の予定は、移動と母の郷里での用事のみ。
松山入りは夜になるものと思っていましたが、想定より早く用事が済み、4時半頃には松山市内のホテルに到着しました。
そこで急遽、”道後温泉へ行こう!”ということに。手提げカバンに着替えやホテルのタオルを詰め込み、路面電車に乗って温泉へ向かいました。

camera松山の路面電車

Matsuyama0

路面電車に乗るのは最終日だけの予定でしたが、到着早々乗車出来るとはラッキー(^^)v
道後温泉駅に着いて写真を撮ったりしていたら、坊っちゃん列車もやって来ました!
早速お目にかかれるとは、これまたラッキー(^^)v

camera坊っちゃん列車

Matsuyama1

駅から道後温泉までは土産物屋などが連なっていまして、気になる店を覗きながら歩いて行く訳です。
私はつい絵葉書に吸い寄せられるし(笑)、母は砥部焼の店に入ったり。そんな2人が共に魅かれたのが、愛媛の柑橘で作ったジェラートやシャーベットを売っている店。
風呂上がりに食べたら絶対美味しいに違いないと、店員さんに営業時間を訊ねて確認、帰りに寄ることにしました。

camera道後温泉

Matsuyama3_2

建物を横から見るとこんな風になってます。

Matsuyama4

ところで、私は松山は丸っきりの初めてだと思っていました。が、母によれば、まだ子供だった頃に一度、従姉妹達と一緒に道後温泉へ行ったことがある、と。
そう言われて朧気な記憶を辿ってみれば、昔広い畳の部屋がある温泉へ行ったことがあったような・・・ そうか、あれは道後温泉だったんだ!(笑)

○十年振りの道後温泉は・・・熱かった。長く浸かっているとのぼせそうでした。そうなる前に早めに上がっても、暫くは汗が噴き出し続け、汗を流したはずなのにまた汗まみれに・・・(^_^;)
一旦浴衣に着替えるなんて面倒だねと言ってたんですが、それはこの為か!と思いました。熱くて、いきなり服なんて着られない(>_<)
浴衣を着て窓辺で涼み、冷ましてから着替えるとちょうど良いくらいです。成程ね~。
帰りの柑橘シャーベットが物凄く美味しかったことは、言うまでもありません(笑)

蛇足。道後温泉へは、石鹸やシャンプー類、タオル、持参すると良いですよ。手ぶらで行っても大丈夫ですが、有料です。
(値段は良心的。因みに私達は、1個40円の石鹸を買いました。)

<2日目>4月23日(月)

9時前にホテルを出発、松山ICから高速を約30分走って内子へ。
母は前々から内子へ行ってみたいと言い続けていたので、漸く叶ったと嬉しそうでした。私も風景印を本で見て、気になっていたところです。内子に到着後、まずは郵便局へ(笑)

postoffice内子郵便局

Uchiko

内子局<図案:八日市・護国の町並み、シイタケ>

Uchiko_2

フォルムカードは全種類置いてあり、早速購入(^^)
以前、第1弾だけどこかに載せた気がしますが、愛媛と関係ないページに載せたと思うので、それも含めてUPしておきます。

愛媛①・・・みかん

Gotociehime

愛媛②・・・道後温泉

Gotociehime2_3

愛媛③・・・坊っちゃん列車 with マドンナ

Gotociehime3_2

愛媛④・・・牛鬼 with 宇和島城

Gotociehime4

内子郵便局の少し西側にある町役場分庁舎の駐車場を観光客も利用して良いようで、そこに車を置きました。保存地区まではちょっと歩かないといけませんが、町並み保存地区に近い場所にある町並駐車場は有料ですから。ここだと無料です(^^)

さて、内子観光のトップバッターは、内子座。

camera内子座

Uchiko1

Uchiko2_3

大正5年に建てられた木造2階建ての劇場で、歌舞伎の公演からピアノの発表会やカラオケ大会まで、実に様々な催しで利用されているそうです。
内部はこんな感じ。

Uchiko3_2

次は、商いと暮らし博物館へ。

camera商いと暮らし博物館

Uchiko4

通りに面した場所で、こんな人形達がお出迎え。建物に足を踏み入れて人形に近付いた途端、いきなり喋り出すのでびっくりしました(笑)
江戸後期~明治にかけての薬屋が再現されています。
他の部屋にも人形が設置してあり、近付くとやはり喋るのですが、使用人の人形は皆「あ~あ」と溜め息交じりに愚痴をこぼしてばかりなのが面白かったです。

商いと暮らし博物館から更に少し歩けば、町並み保存地区になります。

camera町並み保存地区

Uchiko5_2

Uchiko6_2

camera本芳我家住宅

Uchiko9

内子の風景印に描かれているのはこの辺りでしょう。写真とは反対側から見た風景が図案になっていると思われます。生憎、本芳我家住宅の2軒隣、大村家住宅が6月まで保存修理中で工事用の囲いがされていた為、同じような写真を撮ることは出来ず、反対側からになりました。
工事の囲いが入らないよう苦心していたところに、郵便車がやって来て停車。お陰で囲いが上手く隠れました(笑)

本芳我家住宅は現在も人が住んでいらっしゃるとのことで、内部は公開されていませんが、庭園は見学可。
庭を見せていただこうとしたら、門のところにニャンコが。大人しくて可愛い猫でした(^^)

Uchiko10

次は、本芳我家の筆頭分家、上芳我家住宅を見学。

camera上芳我家住宅

Uchiko11

木蝋生産で栄えた商家で、現在は木蝋資料館として公開されています。
「日本の民家シリーズ」の1つとして、切手にもなっていますね(^^)
内子の風景印を押印するのに使用しましたので、宜しければ少し前に戻ってご覧になってみて下さい。

ガイドさんが丁寧な解説をしながら内部を案内して下さいました。
外観は本家に遠慮して控え目ながら、1階の内装はかなり凝った造りになっているそう。
ところが、打って変わって2階は未完成のまま。太い柱や梁がむき出しになっているし、天井から途中まで木材がぶら下がっていたりと、なかなか不思議な光景です。
当時の当主の方が、途中で亡くなってしまったからなんだそうですよ。

ここまでで引き返すつもりでしたが、ガイドのおじさんが「いいお顔で寝ているから是非」と勧めて下さったので、高昌寺の涅槃像も見に行ってきました。

camera涅槃像

Uchiko12

中国敦煌の莫高窟涅槃像を基に作られたものだとか。
かなり大きいです。

これにて内子観光は終了。
駐車場へと引き返しつつ、途中にあったお店で昼食を摂り、その後風景印巡りをしました。その風景印巡りにつきましては、また後日。

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

川之江支店の風景印

母は四国の出身でして、諸事情でここ2年程かなり頻繁に行き来を繰り返しています。必要に迫られて何とか四国までの長距離運転も出来るようになり、ここのとこずっと一人で頑張っていたのですが、さすがに億劫になってきたらしい・・・
それなら用事のついでにお楽しみ(観光)を付加すれば気分も変わるし、次に行かなければならなくなったら一緒に行こうという話になりました。私が運転手=郵便局もガッツリ巡るということは、勿論了承済み(笑)

その機会は急にやって来て、先月の広島旅行から戻ってすぐ位に11月6日と連絡がありました。
行き先については高知と決めてあったので、取り敢えずホテルだけを急いで手配し、それから大慌てで細かく行程を考えたり、押印台紙や地図を用意したり。こんな時に限って何かと所用があって(砥峰高原にも行くことになってたし・・・)腰を据えて準備にかかれず、間に合うのか!?(>_<)と連日焦燥感に駆られっ放しでしたが、何とかなるものですね~(^^)
6日~8日まで、二泊三日で出掛けて参りました。

6日は日曜日でしたが、母が用事に取りかかっている間に、一人プラッと川之江郵便局を訪れて支店のゆうゆう窓口で風景印を押印してきました。

postoffice川之江郵便局

Kawanoe_2

川之江支店<図案:三角寺、城山公園、水引>

郵便局も同図案です。

Kawanoe

この後、母の用事が済むまで時間潰し。文房具屋さんを見付けて入ってみたり、スーパーで昼食用の食糧を物色したり、それでも時間が余って最後にはスーパーの駐車場で昼寝してました(笑)
1時半頃に母と合流し高知へ向かいましたが、そこから先はまた後日(^^)

追記:
H24年10月1日より支店と郵便局は統合し、川之江郵便局となりました。

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

松山大手局の風景印

文通相手の方より、風景印・切手・ハガキがコーディネイトされたお便りをいただきました(^^)
愛媛の第2弾ご当地フォルムカードに、道後温泉の風景印と切手を合わせて下さっています。
素敵なお便りをありがとうございました♪

松山大手局<図案:道後温泉本館、松山城天守、温泉マーク>

Matsuyamaote

愛媛②・・・道後温泉

Gotociehime2

S.Y.さんより。ありがとうございました(*^o^*)

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

伊予五色姫局の風景印

G.W.は如何お過ごしでしたか?
我が家はどこへ行っても人の多そうな正月とG.W.とお盆はなるべく動かないことにしてまして、近場のアウトレット(ここも人が多かった・・・)へ出掛けて買い物したくらいで、他はいつもとあまり変わり映えなく過ごしましたよ(笑)

さて、少し遅くなってしまいましたが、先月下旬に文通相手の方からいただいた五色姫郵便局の風景印を。
かなり気に入っています。ありがとうございました(^^)

伊予五色姫局<図案:五色浜海浜公園の五色浜旧灯台、伝説の五色姫>

Iyogoshikihime
S.Y.さんより。ありがとうございます♪

| | コメント (2)

2010年1月30日 (土)

伊予三島支店と新居浜の風景印

長距離運転に不慣れな母が、「新居浜の病院に入院している親戚のお見舞いに行きたいけれど、日帰りだと運転がしんどい・・・」と言うもので、平日なら・・・と運転手役を買って出ました。
勿論、ついでに風景印巡りをしようという魂胆で(笑)

早速風景印の本を見てみると、新居浜の風景印は祭りの屋台が描かれた図案のものばかりで、それではちょっと面白味に欠けるなぁと思い、新居浜から西条・東予を経て今治方面へ向かって走る計画を立てました。
その後で母が「三島にも用事があるからちょっと寄ってね」と言い出し、ひょっとしたら思った程時間が取れないかも知れないなと、プランBとして新居浜市内だけを回る案も用意。
当日のなりゆきを見ながら、どっちにするか決めることに。

さて当日。天気は雨・・・
昼までに雨はやむだろうという予報でしたが、何れにしろこんな天気では今治まで行ってもしまなみ海道の眺めは楽しめそうにない感じ。どんよりした景色じゃ意味がない(T_T)
おまけに、早起きしなくちゃいけない!と気張ってたら何だか余計に寝られなくなってしまい(まるで遠足前夜の子供!?)、殆ど睡眠とれず・・・(^_^;)
天気と自分の状態、諸々を考慮して、出発早々プランBに変更決定となってしまいました(笑)
ということで、今回は伊予三島&新居浜市内を巡りました(^^)

伊予三島支店<図案:コスモス、翠波峰、反物、水引細工>

窓口で「風景印お願いします」と言うと、「風景印はあちらの窓口でご用意しております」とゆうゆう窓口を案内されました。
こっちにもあるハズでしょう!?と思ったけれど、深くは追求せず、言われた通りゆうゆう窓口へ(笑)
紙の工場が多い町だからトイレットペーパーが描いてあると思ってたのに、反物だったんですね、コレ・・・(^_^;)

Iyomisima

新居浜船木局<図案:太鼓台、市民の森林公園>

未収集だったふるさと切手の復刻バージョンが販売されてるのを発見しホクホク気分になったのも束の間、風景印はご覧の通り(T_T)
枠線ちゃんと写ってないし、もう一度押印してもらおうか悩みましたが、どちらにしろあまり綺麗なものは出来上がってきそうにない気がしたのでやめておきました。
一度掃除が必要なんじゃないでしょうかね・・・(^_^;)

Niihamafunaki

泉川局<図案:太鼓台、生子橋>

Izumigawa

泉川局の近くにあったうどん屋さんで昼食を摂ったら、店内では新居浜の祭りのビデオを再生しており、風景印の図案にもなってますんで興味深く拝見(笑)
屋台と屋台をぶつけ合ったり、喧嘩腰の祭りでした。
拡声器で注意を促している人の声なんかも入ってるんですけど、「挑発に乗らないで下さい」なんてのもありまして、なかなか面白かったです(笑)

食事の後に母を病院へ送り届け、ここから先は一人で局巡り。

新居浜山根局<図案:太鼓台、マイントピア別子、鉱夫像>

Niihamayamane

新居浜中村局<図案:太鼓台、広瀬公園>

Niihamanakamura

新居浜萩生局<図案:太鼓台、愛媛県総合科学博物館>

Niihamahagyu

新居浜久保田局<図案:太鼓台、海の宮公園>

Niihamakubota_2

新居浜前田局<図案:太鼓台、私立別子銅山記念図書館>

Niihamamaeda

新居浜磯浦局<図案:太鼓台、工場と住宅>

試し押しの時はまぁまぁなのが押せたのに、本番になると全然上手く押せなかったんです・・・
一度目は枠線が切れてしまい失敗。
二度目は枠線を全部押そうとあちこちに力を入れている間にブレ気味に・・・
三度目はまたブレた上に、枠線も少し切れてしまい失敗。
何回やっても上手くできず、窓口のお兄さんがじっと見てるから恥ずかしくなってここでやめてしまいました(>_<)
切手も勿体ないですしね(笑)
↓ コレは、二度目に押した失敗作その2です・・・・(^_^;)

Niihamaisoura

新居浜新田局<図案:太鼓台、周辺の工場>

Niihamasinden

新居浜西原町局<図案:太鼓台、仲持っつあん、工場>

Niihamanisibaracyo

新居浜泉宮局<図案:一宮神社の樟樹、太鼓台>

グラン楠通り局<図案:太鼓台、クスノキ、局舎>

Niihamaizumimiyagrankusunokidori

グラン楠通り郵便局、事前に調べて駐車場ありとなっていたんですが、駐車場がどこかわからなくて、「駐車禁止」とあちこちにデカデカ書いてある建物の真横に車を停めてしまいました(^_^;)
風景印を依頼している間も気になって仕方がなく、ソワソワし通し。
今更ながら「駐車場って、どこにあるんでしょうか」と訊ねてみたら、「フジサンの駐車場に置いて貰ったらいいですよ」との返事。
「富士山???」
富士山ではなくて、フジというスーパーマーケットの駐車場ってことでした(笑)

新居浜若水局<図案:太鼓台、つづら淵>

新居浜沢津局<図案:太鼓台、新高橋>

Niihamawakamizusawazu

若水郵便局を出たのが4時過ぎ、残り1時間弱に。
市内だけだとのんびり構えてたら、時間がなくなってきました(^_^;)
次の沢津郵便局は事前の調べでは駐車場なしとなってたので、局前に停まってた車の後ろに無理矢理駐車。
停めた後で車の置き場所についての張り紙が目に入ったんですけど、ちょっと離れている場所だったんで、そんなとこに置いて往復する時間が勿体ない!
てことで、またもや押印の間ソワソワし通しでした(笑)

新居浜垣生局<図案:太鼓台、新居浜東港>

郵便局前の駐車スペースに乗用車が斜めに突っ込んであり、その隣へ強引に自分も斜めに突っ込んでみたものの、半分道路にはみ出てる・・・
”これはダメだ”と周囲を見てたら、「建物の裏にも駐車場があります」との表示。
早く裏に移動したいのに、こんな焦っている時に限って次々と車が切れ目なくやってきて出るに出られない(>_<)
イライラしながら「最初から裏にあるってわかってたら良かったのに!!!」と思いましたんで、もし行こうとしている方がこれをご覧になった時の為に、ここに書いておくことにしました(笑)
誰かの役に立ったらいいのになぁ(^^)
(いつもそう思いながら書いているんですけどね)

Niihamahabu

多喜浜局<図案:太鼓台、アツケシソウ>

郵便局に入ったら、ちょうど集配の方への受け渡し作業中。
作業が完了するまで暫く待ってやっと押してもらえたと思ったら・・・切手と風景印の向きが合ってない(>_<)
「切手と同じ向きに押して欲しかったんですけど・・・」と言って予備のハガキを出し、もう一度押し直してもらいましたが、謝罪の言葉もなく50円玉だけポンと出してきて、失敗ハガキは50円玉と引き換えに取られてしまいました。
全体的にちょっと残念な対応でした・・・

Takihama

新居浜郷局<図案:太鼓台、岡崎城址>

この郵便局に入った時点で、4時43分くらいでした。
次のところまではそんなに遠くないし、これなら後もう一つは廻れそうだと思ったんですけど・・・、そうは問屋が卸しませんでした(T_T)
風景印を貰いに行った郵便局で私がこれまで見たのは皆、小箱に日付部分の数字が納めてありましたけれど、ここは小箱ではなくナイロンの袋に入ってました。
あんな小さいものがナイロン袋に無造作に入っているなんて、捜すだけでも時間がかかりそうだなと見ていたら、案の定時間がかかってる。
壁に掛かった時計をチラチラ見ながら残り時間を気にしてましたが、残り10分を切りそうなところでトラブル発生。
今年に入ってからはまだ風景印を使用したことがなかったらしく、新品の年の部分「22」をピンセットで穴に入れようとしていたんですが、どうやら微妙にサイズが合わないよう。
無理矢理押し込めようと四苦八苦していたけどどうにも入らず、隣の席の先輩に助けを求め、その先輩がはさみでサイズを調整。
やっと日付が入った風景印を押して、外へ出たところで5時になりました(笑)

Niihamagou

新居浜局<図案:太鼓台、新居浜港>

5時を過ぎても大丈夫な新居浜郵便局は残しておいたので、最後に行ってきました。
市内だけと軽く考えていたけれど、結構疲れました・・・(笑)

Niihama

風景印巡りを終えて病院へ向かい、母を迎えがてら私も少しだけお見舞い。
6時過ぎに病院を後にして家路に着きました。
帰りの車中「全部は廻りきれんかったわ」と母に言うと、「それなら次も一緒に行って」とのこと(笑)
どうするか、まだわかりませんけどね!?

| | コメント (4)

2007年7月29日 (日)

松山の風景印

先週は家族が出張続きで、出張先(愛媛・松山、広島・福山、山口・下関)で風景印を貰ってきてくれました。その中から今日は松山のものをご紹介しますね。

暑い中、昼食時間を利用して頑張って貰ってきたとのこと。感謝☆因みに、昼食はアルミの鍋で出てくる鍋焼きうどん屋さんへ行ったらしいです、暑いのに(笑)

松山中央局<図案:松山城天守、道後温泉本館、姫ダルマ、正岡子規句碑>

Matsuyamacyuou

松山一番町局<図案:松山城天守、ロープウェイ、正岡子規句碑>

Matsuyamaicibancyo

愛媛県庁内局<図案:松山城天守遠望、愛媛県庁、路面電車と車>

Ehimekencyo

家族が貰ってきてくれたのは上記の3つですが、文通相手の方からも松山の風景印をいただいていますので併せて載せます。

松山南局<図案:愛媛県総合運動公園、弘法大師、杖の渕、西林寺>

Matsuyamaminami_1

松山梅田町局<図案:愛媛県女子師範学校記念碑、女学生、お茶屋井戸>

Matsuyamaumedamachi_1

下の2つはいずれもS.Y.さんより。ありがとうございました。

| | コメント (0)