石川県の風景印

2014年8月11日 (月)

北陸遠征・能登半島巡り ③七尾・穴水

前回の更新から、あっという間に2ケ月・・・なかなかUP出来なくて、すみませんm(_ _)m
では早速、石川県に入ったところから続きを・・・

postoffice南大呑郵便局

Minamionomi

南大呑局<図案:熊渕川の渓谷、アユ>

Minamionomi_2

postoffice佐々波郵便局

Sasanami

佐々波局<図案:立山連峰、大敷網、漁師、魚>

風景印の本には漠然と「魚」と書かれていたので、魚の切手を色々貼ってみたのですが、局員さんによりますとブリだそうです。

Sasanami_2

postoffice七尾大田郵便局

Nanaoota

七尾大田局<図案:海門寺、観音像、七尾湾の女島・雄島、形-青柏祭のデカ山>

Nanaoota_2

postoffice七尾矢田新郵便局

Nanaoyatashin

七尾矢田新局<図案:七尾軍艦所跡地と碑、船、形-青柏祭のデカ山>

Nanaoyatashin_2

postoffice石崎郵便局

Ishizaki

石崎局<図案:石崎奉灯祭、能登島大橋>

Ishizaki_2

postoffice笠師保郵便局

Kasashiho

笠師保局<図案:唐島、養殖カキ棚、ヤブツバキ>

Kasashiho_2

postoffice西岸郵便局

Nishigishi

西岸局<図案:青島、カキ棚>

Nishigishi_2

西岸局のすぐ近くから、図案の青島が見えました。手前に写っているのがカキ棚かしら??

Noto4

予定では次の穴水局までの間、道沿いにあるボラ待ちやぐらを見物するハズだったのですが、それらしいものに出会わないまま(と言いますか、道なりに走っていたらどんどん海から遠ざかった)、気付けば穴水局のすぐ近所まで到達していました。
あれ~、おかしいな・・・
でも、リミットの17時が迫ってきていて、引き返している時間はありません。取り敢えず、穴水局へ。

postoffice穴水郵便局

Anamizu

穴水局<図案:ササユリ、ボラ待ちやぐら、形-碁笥>

Anamizu_2

押印していただいた後、局員さんにボラ待ちやぐらを見たかったのに、いつの間にか通り過ぎてしまった・・・とボヤいたら、これから向かう方向にもあると地図を書いて教えて下さいました。ありがたやm(_ _)m
時間的に風景印巡りはここで終了、その地図を頼りにボラ待ちやぐらを目指すことにしたのですが、途中信号待ちの時に持参の地図と照らし合わせると、やぐらより先に中居局があると気付きました。
間に合わないかも知れないけど、一応行ってみよう!

postoffice中居郵便局

Nakai

結論から言いますと、17時には間に合いませんでした。到着時には、2分程過ぎていたかと。
折角だし、ATMで貯金だけでも・・・と建物の中へ入ると、局員さん達が店じまいの最中。まだ開いていた入口から恐る恐る「あの~、もうダメですよね・・・?」と訊ねると、「ご用向きは何でしょうか?」という温かいお言葉。
風景印をお願いしたいんですと言うと、ハガキか切手をお持ちでしたら大丈夫ですよ、と。
時間外だったにもかかわらず快く押印して下さり、本当にありがとうございましたm(_ _)m

中居局<図案:ボラ待ちやぐら、頼政灯篭、野々木岬>

Nakai_2

そして今度こそ、ボラ待ちやぐらに辿り着きました(^^)

cameraボラ待ちやぐら

Noto5

ボラ待ちやぐらとは、やぐらの上でボラという魚が網の上を通るのを待つ・・・という江戸時代から始まった漁法で、現在は観光用に残されているだけで、漁は行われていないそうです。
やぐらの上には、それらしく見えるように、人形が乗っかってました。

段々、雨が本降りになってきたけれど、最後にもう1つだけ行っておきたい所が。
本当は是非とも時間内に訪れたい場所だったんですけどね。
それは・・・郵政民営化の時CMに起用された、三波簡易郵便局。

postoffice三波簡易郵便局

Sannami1

↑傘をさしながら・・・だったので、ちょっとピンボケになってしまいました(^_^;)

Sannami2

レトロな建物は、味があって良いですね~(^^)
内部も見たかったなぁ・・・
いつかまた来る機会が、あればいいんですけどね。。。
道路を挟んだ向かい側は、海です。
天気が悪い為、こんな感じでしたが・・・

Sannami3_2

晴天だったなら、青い空と青い海にレトロな局舎がとっても映えるだろうなぁ・・・と思いました。

恋路温泉の宿へ向けて走り始めると、まるで全部終わるのを待っててくれたかのように、どしゃ降りに。
天気に恵まれない中でも、無事に予定をこなすことが出来、ホッとした1日でした(^^)

| | コメント (9)

2012年10月22日 (月)

北陸(石川・福井)遠征③ 松任~安宅

白山市に入りました。
ここからは、約3年前に時間切れで回れなかったところ(久しぶりの風景印巡り② 塩屋~松任)。いつか続きを・・・と思ってたのが、実現しました(^^)
進路が逆になったのと、小松市のを幾つか省略したりと若干の変更はありつつも、入手したかったものはきっちり網羅。
変形印など凝った意匠の風景印が多いエリアで、局巡りが楽しかったです。

postoffice松任安田郵便局

Mattouyasuda

左側:松任安田局<図案:俳人・加賀千代女像、句碑、朝顔>

Mattouyasudachiyono

右側:松任千代野局<図案:俳人・加賀千代女像、白山、朝顔>

postoffice松任千代野郵便局

Mattouchiyono

松任千代野局は皆さんフレンドリーな方達で、局巡りについて談笑していたら、男性の局員さん(もしかして局長さんでしょうか)がブログなどに千代野局のことが載っていないか時々チェックしているというようなことを仰ったんで、ちょっとビックリ。
そこで「実は私もやってるんですよ!」と言えば更に話が弾んだのかも知れませんが、何だか恥ずかしくてそれは言えず、白々しく「最近ブログとかやってる人、多いですよねぇ」なんて。自分もその一人なクセして(^_^;)
その内、このブログもご覧になるのでしょうか。
毎日多くのお客さんと接する中、私のことなどもう記憶に残っていらっしゃらないだろうとは思いますが、あの時ホントのこと言えなくてスミマセンでしたm(_ _)m

postoffice松任柏郵便局

Mattoukashiwa

松任柏局<図案:柏野じょんがら扇踊り、白山、朝顔>

Mattoukashiwa

postoffice水島郵便局

Mizushima

局員さんが「真ん中がキレイに出ないんですよ・・・」と苦闘しておられましたが、傍で見ていた私にはどこがダメなのかよくわからず。言われてよくよく見てみれば、九重の塔の左側に描かれた粒々点々の部分が何となく少し薄いような・・・
そんな細かいところまで一生懸命キレイに押そうと努力して下さるとは、風景印収集家にとっては有難い局員さんです!
作り替えを検討していただけたら、更に有難いです。なんてね(笑)

水島局<図案:霊泉、九重の塔、朝顔>

Mizushima

postoffice粟生郵便局

Ao

植え込みに、小人さん達がズラリ。

Ao2

郵便局らしからぬ(?)可愛らしい飾り付けに、心が和みますね(^^)
それだけにとどまらず、風景印を依頼したところ、こんなものが登場!!

Ao3

「風景印真っすぐ押し機」と銘打たれたそれは、押印台紙の切手や額面部分に合わせてセットし、穴の部分に印を嵌めれば、角にちょいがけした風景印の出来上がりという優れた代物。
成程、これなら変形印を誰でも上手く押すことが出来ますよね。
素晴らしいアイデアに脱帽!
お願いして写真に撮らせていただきました。(私が適当に乗せたのでちょっと歪んでおりますが、ホントはもっときれいにセットしてから押印されます)

粟生局<図案:粟生大橋、手取川、白山、粟生じょんがら踊り、形-獅子頭>

Ao
これは真下にとお願いした為、「風景印真っすぐ押し機」は使えなかったのですが、それでもお見事な押印。ありがとうございました。

前後しますけど、粟生局の北1kmくらいのところに図案である手取川と粟生大橋がありました。長い橋です。

camera粟生大橋

Aoohashi

postoffice寺井郵便局

Terai

上の写真、グレーの車が停まってる辺りの局舎外壁に、丸いものが幾つか見えているのがおわかりでしょうか。
近付くと・・・

Terai2

こんな風に九谷焼が埋め込まれてます!面白いですね~(*^o^*)
そんな郵便局の風景印は勿論、九谷焼でございます。

寺井局<図案:九谷焼資料館、九谷茶碗祭り、ツツジ、形-九谷焼茶碗>

Terai

postoffice根上郵便局

Neagari

根上局<図案:根上の松、弁慶謝罪の地石碑、ハマナス、高坂公園の橋>

Neagari

弁慶謝罪の地、見に行けば良かったな・・・(^_^;)

postoffice根上高坂郵便局

Neagaritakasaka

押印中、バリバリッと劈くような爆音が。
何事!?と外を見たら、飛行機でした。小松空港が近いようです。

根上高坂局<図案:高坂公園の藤見亭・藤の花・橋>

Neagaritakasaka

ここで局巡りは一休みして、安宅の関へ。
安宅の関は、歌舞伎・勧進帳の舞台として有名なところ。
以前母と旅した時以来、約7年半振りです(^^)

camera安宅住吉神社

Ataka2_4

全国唯一、難関突破の神様だそうです。
義経・弁慶一行が安宅の関を無事に越えられたのも、この神様のお蔭だったのかも。
希望すれば、神社や安宅の関について巫女さんがお話して下さいます。所要時間は10分くらい、無料です。宝物なども見せてもらえるので、お時間ある方は是非(^^)

境内には勧進帳を読む弁慶像も。

Ataka10_2

その傍らには、弁慶が読んだ勧進帳の内容も掲示されてます。(大きい画像で見たい方は、写真をクリックして下さい)
白紙を見ながら咄嗟にこれだけのことを喋れるなんて、凄いの一言に尽きますよね。

※勧進帳とは、寺院建立などの目的で寄付金を集めるために、その趣旨を書いたノートのようなもの。(安宅住吉神社HPより)

Ataka11_2

神社の脇を抜けて奥へと進むと、安宅の関址や義経・弁慶・富樫像があります。

camera安宅の関址

Ataka9

camera義経・弁慶・富樫像

Ataka3_3

それぞれをアップで。

camera義経像

Ataka4

camera弁慶像

Ataka5_2

camera富樫像

Ataka6_2

離れた所から見ると、こんな感じ。

Ataka8

写真左手の方向へ行くと、海に出ます。

camera安宅海岸

Ataka12

勧進帳ものがたり館というのもあって、歌舞伎「勧進帳」を映像で見られるらしいのですが、水曜は定休日とのこと。残念。

観光後は、安宅郵便局へ。
以前安宅へ来たのは風景印収集を始める半年程前。後から郵頼はした(その時のものはコチラ→安宅局と中海局の風景印)けれども、やっぱり自分で訪れてみたかったんですよね。
言わずと知れた勧進帳図案、大好きな変形風景印です(*^o^*)

postoffice安宅郵便局

Ataka

安宅局<図案:勧進帳・安宅の関の場面>

Ataka2

張り切って、こんな台紙を作成(笑)

Ataka3_2

窓口のお姉さんに沢山押印していただいたのですが、最初は真っ直ぐだったのが数をこなすにつれて段々傾いていき・・・最後の3通は特に傾きが激しい仕上がりでした(笑)
傾いた風景印が届いた方、どうかご容赦下さいねm(_ _)m

| | コメント (2)

2012年10月19日 (金)

北陸(石川・福井)遠征② 金沢・野々市

10月3日(水)

9時30分過ぎ、ホテルを出発。ホントは9時には出たかったんだけどな・・・(^_^;)
小松市の安宅を目指して移動しつつ、風景印を巡っていきます。

postoffice金沢石引郵便局

Kanazawaishibiki_2

金沢石引局<図案:金沢城石川門、兼六園・ことじ灯籠、前田家家紋>

この風景印、形も前田家の家紋を表しているそうです。

Kanazawaishibiki

家紋の部分が切手と台紙の境目にかかって、写りが悪い・・・
官製ハガキに押してもらった方は綺麗でした。

Kanazawaishibiki2

postoffice金沢小立野郵便局

Kanazawakodatsuno

金沢小立野局<図案:天徳院山門、兼六園・ことじ灯籠、戸室山>

Kanazawakodatsuno_3

postoffice金沢寺町郵便局

Kanazawateramachi

面白い変形印ですよね。
ここと野町局は絶対行こうと思ってたんです(^^)

金沢寺町局<図案:室生犀星詩文、室生犀星歌碑、犀川川岸の大桜、犀川大橋>

Kanazawateramachi

さて、次の野々市郵便局に向かう途中、ちょっとした失敗をやらかしました。

私の車にはナビがありません。ポイントとなる箇所を印刷した地図に、やってきた方向と進行方向を示す矢印や注意事項などを記入し、それを頼りにいつも局巡りしています。
計画では金沢寺町局→金沢野町局→野々市局という順序でしたが、前日に野町局を済ませた為、宿泊ホテルの無料インターネットサービスを利用して寺町局から野々市局へ向かう道を調べ直して地図に書き加え、これで修正OK!なハズでした。
が、何やってるんでしょうねぇ、目印の交差点名「有松」を「有原」と書き間違えたんですよ(^_^;)
「有松」交差点では一瞬「ん!?」と思ったものの通過。走り続けても当然ながら「有原」なんて交差点は出てこず、誤記入だと気付いた訳です。
道を間違えた時は引き返すのが定石。そのつもりでいたのに、引き返す前に給油に入ったスタンドのお兄さんが親切な方で、つい野々市局への道を尋ねてしまいました。
お兄さん、悩みながら一生懸命説明してくれたものの、聞いてる内にこちらの頭の中が段々こんがらがってきて、きちんと整理しきれなくなったよう。それを自覚していながら「何とかなるだろう」と安易に考え、結果として迷子に(+_+)
あっちへ行きこっちへ行きを繰り返し、しばらく彷徨った末に漸く手掛かりを掴み、何とか野々市郵便局へ辿り着きました。でも、時間短縮どころか、逆にオーバー・・・
教訓。有耶無耶なまま、地図もない道へ行ってはいけません(笑)

postoffice野々市郵便局

Nonoichi

野々市局<図案:野々市じょんがら踊り、野々市ツバキ、白山>

Nonoichi

印影がとても薄くて、少しでも見易く出来ないものかと画像を少々いじってみました。
うまくいったかどうか、よくわからないけど・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

北陸(石川・福井)遠征① 金沢

久しぶりに遠征してきました。
金沢での某アーティストライブのついでに忙しく風景印も巡る、いつものスタイルで2泊3日の一人旅(^^)
直前までどうなることかと気を揉んだ台風も、出発の日までに上手く駆け抜けていってくれて、トラブルも少なく、ほぼ計画通りの旅になったと思います。
幾つかに小分けしてUPしていきます。宜しければお付き合い下さいませm(_ _)m

10月2日(火)

予定より15分遅れ、愛車にて自宅を出発。
少しでも早く金沢に着きたいと、休憩は北陸自動車道の尼御前SAで昼食を兼ねて1回だけとることにして、そこまでの約340kmを一気に走りました。
このSAは尼御前岬に隣接(新潟方面行きのみ)しています。昼食の後、少し岬を散策。

camera尼御前岬

Amagozen2

源義経達が奥州へと逃れて行く途中、同行していた尼御前が難所である安宅の関越えで足手まといになることを案じ、この海岸から身を投げたという伝説があるそうです。それがこの地名の由来なんだとか。

camera尼御前の像

Amagozen1

尼御前SAから20分程、金沢西ICで高速を降りました。
時間は午後2時頃。休憩を減らした甲斐あって、予定より30分以上早く到着(^^)v

到着早々、向かうは郵便局です(笑)

postoffice金沢広坂郵便局

Kanazawahirosaka

金沢広坂局<図案:兼六園、ことじ灯籠、金沢城石川門、ハナショウブ>

Kanazawahirosaka_2

フォルムカードも、最初の郵便局で早速全種類お買い上げ(^^)

石川①・・・九谷焼

Ishikawa1

石川②・・・起き上がり

Ishikawa2

石川③・・・兼六園

Ishikawa3

石川④・・・白米千枚田

Ishikawa4

次は、事前に調べておいた40分100円という駐車場に車を置き、金沢城の石川門を見に行くつもりでした。が、残念ながら駐車場は満車の表示。
後ろから来るバスの邪魔にならないようそのまま直進し、そろそろ引き返そうとハンドル切ったら、偶然そこに郵便局が!(笑)

postoffice金沢扇町郵便局

Kanazawaougimachi

金沢扇町局<図案:金沢城石川門、火消しまといを持った加賀人形>

Kanazawaougimachi_2

全くの予定外でしたが、予備として持参していた石川門切手に押印して頂きました。
対応して下さった局員さんに経緯を話すと、「きっと最初からここへ来ることになってたんですよ」と仰って下さいました。そうかも知れませんねぇ(^^)
写真を撮るだけなら石川門まで車を乗り付けても大丈夫かどうか訊ねると、門前の道路脇に観光バスが客を乗り降りさせる為のスペースがあるとのこと。バスがいなければ僅かの間なら停められるかも知れない、と教えて下さいました。
作戦変更。1つ余分に風景印を入手出来た上に、駐車場代も浮きました~♪

camera金沢城石川門

Ishikawamon1

修理中のようですね。

Ishikawamon2_2

Ishikawamon3

因みに、乗り降りスペースに観光バスは1台もいませんでした。

postoffice金沢兼六郵便局

Kanazawakenroku

金沢兼六局<図案:金沢城石川門、兼六園の唐崎松とことじ灯籠>

Kanazawakenroku

次は、尾山神社へ。
参拝者用の無料駐車場が設けられていますが、これがなかなか分かり辛い場所にあって、見付けるのにちょっと手間取りました(^_^;)
神社正面から見て本殿の左手に金渓閣という結婚式場があり、その建物の前が駐車場です。でも、正面の道からは入れないのでご注意を。
駐車場に関しては、金渓閣のHPでアクセスマップを見た方が判り易いと思います。
駐車場へ通じる道は狭く、私の前にいた大きなワンボックスカーはしばし躊躇った末に諦めてました。普通車も通れるはずですけどね。

駐車場の説明が長くなってしまいました(^_^;)
さて、尾山神社には近代洋風建築シリーズとして切手の題材にもなった和洋折衷の神門(明治8年建立)がある・・・と言えば、切手好きならピンと来る方もいらっしゃるのでは!?

camera尾山神社神門(正面からではなく、拝殿側から見たもの。)

Oyamajinjya1

camera拝殿

Oyamajinjya2_2

前田利家公と正室・お松の方をお祀りした神社ですので、お二方の像もありました。

Oyamajinjya4

Oyamajinjya3

そして神門と鳥居をくぐって正面へ。駐車場からだと、順序がおかしくなってしまいますね(笑)

camera鳥居と神門

Oyamajinjya5_2

そしてそのまま郵便局へ。

postoffice金沢高岡町郵便局

Kanazawatakaokamachi

金沢高岡町局<図案:尾山神社神門、武家屋敷>

Kanazawatakaokamachi

押印して下さったお姉さん、切手や見本として持参した他局の風景印に興味津々のご様子。話が弾む内にもしかして・・・と思ったら、先日新宿で風景印を押印して来られたとのこと。まだ新宿だけだそうですが、これからも是非色々集めて欲しいなと思います(^^)

郵便局から再び神社に戻り、正しい順序で参拝し直しておきました(笑)

postoffice金沢中央郵便局

Kanazawacyuou_3

金沢中央局前に謎のモニュメント・・・と思ったら、ポストでした(投函口は道路側)。
「金沢中央郵便局/ゲントー郵便局 国際姉妹郵便局」とこれに書いてあったんですが、ゲントーってどこの国にあるんだろう?

Kanazawacyuou2_2

金沢中央局<図案:兼六園、ことじ灯籠、金沢城石川門、ハナショウブ>

Kanazawacyuou2

ところで、先だって統合前に金沢支店の風景印を郵頼したものをブログに載せましたが、あれは本当はこの日一緒に押印するつもりでいたんですよ。10月1日に統合しちゃうなんてまだ知らなかった時に切手を2枚貼って準備してしまって、仕方なく支店の方だけ郵頼したという訳です(^_^;)

Kanazawakanazawacyuou

中央局が終わった後、宿泊先のホテルへ移動してチェックイン。
部屋に荷物を放り込み、徒歩で香林坊局と野町局へ。

香林坊局は繁華街にある郵便局で、午後6時までの営業。
5時終業の野町局へ先に向かいかけ、いや待てよ、6時まで開いているということは、5時からは混雑するのかも・・・と思い、先に香林坊局へ。
その判断は正解だったようで、4時半頃は空いていました(^^)

postoffice金沢香林坊郵便局

Kanazawakourinbo_2

金沢香林坊局<図案:石川近代文学館、四高記念碑>

Kanazawzkourinbo

postoffice金沢野町郵便局

Kanazawanomachi

金沢野町局<図案:室生犀星の詩、室生犀星歌碑、犀川、犀川大橋、形-山の稜線と川>

Kanazawanomachi

野町局は翌日の予定に入れていましたが、時間が余ったので。
次の日からは本格的な局巡り。1つでも片付けておけばそれだけ行程に余裕が生まれると考えたんです。これが思わぬプチトラブルに繋がってしまうんですけど(笑)、それはまた後日。

野町局から500mくらいのところに図案の犀川大橋があります。

camera犀川大橋

Saigawaohashi1

Saigawaohashi2_2

繁華街へ戻って、最後に香林坊局の図案になっている石川近代文学館を見に行きました。外観のみの見学ですけどね。

camera石川近代文学館

Ishikawakindaibungaku1

Ishikawakindaibungaku2

2枚目の左下に写っているのが四高記念碑。
アップで撮るとこんな感じ。
石川県ゆかりの泉鏡花氏、徳田秋声氏、室生犀星氏の像と思われます。

Ishikawakindaibungaku3

局巡り&プチ観光はこれにて終了。
ホテルで1時間程休憩し、メイン・イベントである某アーティストのライブへ出掛けました。いいライブだったな~(*^o^*)

長距離移動→風景印巡り&観光→ライブとてんこ盛りで、さすがにちょっと疲れた一日でした(^_^;)

| | コメント (4)

2012年9月30日 (日)

金沢支店の風景印

郵便事業会社と郵便局会社の統合が明日に迫りました。
数日前まで郵頼の準備に忙しくなさっていた方も多いのでは?

私もその一人です(^^)
流石に全部は無理ですから、統合によって名称変更となるところを4~5店くらい郵頼すればいいかなと考えていたのに、日本郵便HPの風景印ページにいざ情報が掲載され始めると、やっぱりあれもこれも・・・となってしまい、図案変更を行うところや新規開始も含めて予定の4倍くらい郵頼しました(^_^;)
10月の遠征準備もまだ途中で、それと並行しての郵頼準備はもうパニックに近い状態。
数を増やし、自分で自分の首を絞めておきながら、『何でこのタイミング!?(>_<)』と悲鳴をあげておりました(笑)
どちらも漸く一段落し、ホッとしているところです。

さて、郵頼したものの内、都合により1つだけ最終日を待たずに返却してもらいました。それを先にUPしておきます。

金沢支店<図案:兼六園、ことじ灯籠、金沢城石川門>
※金沢支店は会社統合により、H24年10月1日から金沢中央郵便局となります。

Kanazawa

| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

白山山頂局の風景印

期間限定で開局する白山山頂郵便局の風景印を郵頼しました。
今年の開設期間は7月15日~8月20日とのことで、郵頼後なかなかUP出来ずにいた間に終わってしまいました(^_^;)
約1ケ月だけだから、短いですね。

白山山頂局<図案:白山、登山者、クロユリ>

Hakusansancyo

| | コメント (0)

2012年4月 5日 (木)

稗造局の風景印

日本郵便HPに、一時閉鎖による風景印の停止情報が掲載されました。詳細は何も記載されておらず、どういう理由による閉鎖なのかはわかりません。再開が未定・・・とのことなので、念の為郵頼。

初日印とは違い、最終日印は印影の状態がどうなのか届いてみるまでわからず、ドキドキします。
先日、東京の鉄鋼ビル内局の一時閉鎖最終日印を郵頼してみたところ、完全に潰れてしまってましたから(^_^;)
恐る恐る返信封筒を開封したら、ここのは大丈夫でした。良かった。
素朴な味わいの風景印ですね(^^)

稗造局<図案:放牧場、かかし>-H24年3月30日にて休止

Hiezukuriq

いつかまた、ちゃんと再開されますように☆

| | コメント (2)

2011年1月 4日 (火)

輪島支店の風景印

色どりうぐいす年賀状の額面部分と合いそうだったので、輪島支店の風景印を郵頼(^^)
伝統工芸品シリーズの輪島塗切手とも一緒に依頼するつもりだったのに、年末慌ただしく準備をしたらそっちの方はすっかり忘れてました・・・(^_^;)(笑)

輪島支店<図案:朝市、輪島塗の屠蘇器、形-輪島塗のお椀>

Wajima

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

久しぶりの風景印巡り② 塩屋~松任

石川県に入り、塩屋郵便局に到着。
時間は午後3時半を回ったところ・・・段々残り時間が少なくなってきました(^_^;)
窓口で風景印をお願いして押印を待っていると、外から局長さんが戻ってこられました。
駐車場に停めた私の車のナンバーを見たらしく、随分遠くから来たんだねぇと仰って、風景印を貰っただけなのにポケットティッシュを6つも頂いてしまいました(笑)
一人地図と格闘して時間を気にしながら只管走ってると、こういう局員の方との何気ない会話にとても気持が和みます(^^)

塩屋局<図案:鹿島の森、塩屋海岸>

Sioya

大聖寺聖南通局<図案:長流亭、クロマツ、大聖寺十万石祭りの神輿、白山>

Daisyogisyonandori

大聖寺中央通局<図案:長流亭、大聖寺川、ハナショウブ>

Daisyogicyuou

加賀局<図案:長流亭、九谷焼発祥の地碑、白山、九谷焼の絵皿>

ここでは文通相手の方にも幾つか差し出すことにしていて、窓口のお姉さんがまず一つ目に押印。
「ちょっと薄かったですかね?」と言うので覗き込むと・・・
図案の真ん中辺り、ちょうど長流亭を描いた部分が全く映っていませんでした。
これは薄いとかいう以前の問題じゃないか・・・
そう思ったけど言葉にならず絶句していたら、「ご自分で押された方がいいかも知れませんね」と言って、私に風景印とインク台・押印マットを渡して、さっさと次のお客の応対に行ってしまいました(^_^;)
そのハガキの文通相手の方にはあまりにも申し訳ないので、別のハガキにもう一つ押し、それを後日送ることにしました。

Kaga

大聖寺菅生局<図案:奇祭竹割りの行事、菅生石部神社の山門>

Daisyogisugou

この後、本当は加賀松が丘局へ行く予定にしてたのですが、左折する場所がよくわからず通り過ぎてしまいました(^_^;)
もう時間がないから戻ってなんかいられない、先へ急ぐのみ!!

動橋局<図案:動橋の碑、橋、ハナショウブ、白山連峰>

Iburibasi

動橋局が終了した時点で残り時間はとうとう10分に。
10分でもう一つ辿り着けるか!?
わからないけど兎に角急いでみる。

月津局<図案:三日月のかかる月山連峰、県立児童公園・天体ドーム、なかよし鉄道>

ギリギリセーフ!!
4時58分に滑り込みました(^^)

Tsukizu

どこで時間切れとなるかなりゆき任せの風景印巡り、ここまででしたね。
ホント言うと、ここから先に欲しい風景印が目白押しだったんでちょっと(かなり!?)悔しい気持ちでしたが、元々行程に無理があったし仕方ないですね(^_^;)
いつの日かこの続きが出来るといいな・・・

ここまで休憩らしい休憩を取ってなかったから、お茶とお菓子で一服。ホッとするひととき(^^)
さて、5時は過ぎてしまいましたが、支店が併設されている大きな郵便局は7時まで開いています。
ってことで、小松と松任、2つの郵便局を目指して再び出発。

小松局<図案:安宅の関跡の弁慶像、小松空港、飛行機>

ここでも文通相手宛にいくつか出すことにしていて、窓口のおじさん自信があるのか、その内の一つに試し押しもせずいきなり押した! しかし・・・
インクの補充をしたばかりだったのか、インク台びちゃびちゃ。
風景印はびちゃびちゃのインクで滲みまくってとっても悲惨な有様に・・・(T_T)
こういう時、試し押しの重要性をひしひしと感じますよね。
おじさんは失敗の瞬間から平謝り。
勧進帳の切手と合わせてあったのが台無しになってショックでしたけど、その辺のことも汲み取った上で何度も何度も謝って下さり、次のハガキからはインクの状態を試し押しで慎重に確認しながら押印。
その真摯な態度には好感が持てました。
失敗になってしまった文通相手の方には、インク台の状態やその他諸々考えてここで貰い直すのはやめ、別の風景印を後日送ることに決めました。

Komatsu

松任局<図案:俳人・加賀千代女、「あさがほや・・・」の句、つるべ、朝顔、白山>

この日の風景印巡りはこれにて終了。
全部で25の風景印を巡りました。
ここの風景印は図案に合わせた連刷切手とお揃いにしようと思っていて、もう1枚の切手には松任安田局の風景印を・・・という予定でした。
時間切れで松任安田局には間に合わず、片側だけ空白のままなのも寂しいと思い、帰宅後に郵頼しました(^^)

松任安田局<図案:俳人・加賀千代女像、句碑、朝顔>

Mattoumattouyasuda

宿泊先は富山の小矢部。
金沢西ICから高速のETC通勤割引を利用して向かいました。

| | コメント (5)

2008年1月 3日 (木)

七尾局の風景印と「2008年のお正月」小型印

七尾局の風景印と「2008年のお正月」小型印、郵頼していたのが届きました。

ネズミが餅を食べている姿がとても可愛らしいですね(*^o^*)

七尾局<風景印図案:テカ山、キリコ、能登島大橋>

Nanao

| | コメント (5)

より以前の記事一覧