« 八幡枝光局の風景印 | トップページ | 大嘗宮一般参観&風景印歴史散歩100回記念展②~記念展と巣鴨 »

2020年5月 5日 (火)

大嘗宮一般参観&風景印歴史散歩100回記念展①~大嘗宮

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、自粛やソーシャルディスタンスが叫ばれ日常生活が一変する大変な世の中になってしまいましたが、皆様ご無事でしょうか。今のところ私の身近には及んでいなくて元気にしていますけれども、こんな日々がいつまで続くのか、この先の暮らしはどんな風になっていくのかなど、色々不安の種は尽きません。緊急事態宣言も延長が決まり、一日も早い収束に向けて今自分に出来るのは家でじっとしている事だけなので、とりあえず精一杯引き籠る・・を継続中です。
こんな時こそ普段なかなか手を付ける余裕がないブログを書く良い機会かもと考えて、比較的最近のネタを3つくらい頑張れたらと思っています(頓挫したらごめんなさい(^-^;)。

では先ず、昨年11月29日~12月1日の日程で古沢保さん主催「東京風景印歴史散歩100回記念展」(@東京目白・切手の博物館)に出掛けた件から(^^)

私は関西在住なので残念ながら風景印散歩には一度も参加した事はないのですが、古沢さんから記念展開催のご案内を頂きまして。趣向を凝らした企画の数々や、併せて小型印使用の申請もしたとのお話で、楽しそうだし行ってみようかという事に。
後に東京行きの日程が大嘗宮の一般参観とバッチリ重なっていると判明して、このチャンスを逃してなるものか~!と乾通りの一般公開が始まる前日の29日を選んで(少しでも混雑を避ける為)大嘗宮見学の予定を組み込みました。
記念展の方は初日は閉場時間までに間に合うかどうかになってしまいそうだけど、3日間あるからまぁいいか(^-^;(ごめんなさいw)

11月29日、お昼頃に着く新幹線で東京入り。
駅では空きが見付からずKITTEへ移動してコインロッカーに荷物を預け、いざ皇居へ!
ボディチェックと手荷物検査を受け坂下門から入って進むと、程なく宮内庁の建物が見えてきました。この中に垂涎ものの宮内庁内郵便局があるのね~!
一般人は立ち入り禁止。わかっちゃいるけど、こんな目の前まで来てるのに指くわえて見てるだけなんて切ない(ノД`)シクシク 

📷宮内庁
Daijyoukyu1

風景印も一応アップしておきますね。(改元時にスタンプショウで押印したもの)

宮内庁内局<図案:二重橋、宮殿>

Kunaicyounai

途中に江戸城が。生で見られて感動(^^)

📷江戸城
Daijyoukyu2

更に人の流れに沿って歩き続けていくと、遠くの方に見えてきました大嘗宮。予想してたけど凄い人だかり(^-^;

📷大嘗宮遠景
Daijyoukyu3

ここから先は、最前列で写真を撮りたい人達(自分も含む)が押し合い圧し合いして大変でした。中央正面付近は特に凄まじく、飛び込んでみたものの最前列に辿り着くのは至難の業と思ったので途中で諦めたのですが、とにかく後ろから押されるので離脱する事もままならず(@_@) 大声で「出ます、出ます」と叫びながら何とか脱出。あんなに大きな声出したの、久しぶりだったな(笑)
という事で一番良い場所から撮った写真はないのですが、雰囲気だけでも味わっていただけたらと思いますw

📷大嘗宮
Daijyoukyu4
Daijyoukyu5

ロープの向こうにはこんな風にメガホン持った係の人があちこち立っておられました。
Daijyoukyu6 
大嘗宮見物を終え、これまた大混雑の皇居内売店でお土産を物色(笑)
その後は、自然豊かで広々とした皇居の敷地内からニョキニョキと高層ビル群が背後に見える何とも面白い光景を眺めながら出口へ向かって歩きましたw
皇居の外では紅葉がとっても綺麗でしたよ(^^)

Daijyoukyu7

歩き疲れたのでKITTE内のベンチで少し休憩して、それから切手の博物館へ向かいました。
この続きは後日また改めて。

|

« 八幡枝光局の風景印 | トップページ | 大嘗宮一般参観&風景印歴史散歩100回記念展②~記念展と巣鴨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八幡枝光局の風景印 | トップページ | 大嘗宮一般参観&風景印歴史散歩100回記念展②~記念展と巣鴨 »