« 切手の博物館のクリスマス小型印-2012年バージョン | トップページ | 中尊寺簡易局の風景印 »

2012年12月31日 (月)

忠臣蔵ウィーク、赤穂義士祭小型印

今月8日、赤穂へ出掛けてきました。
お目当ては、大石神社に8・9の両日設けられた臨時郵便局で忠臣蔵ウィーク小型印を入手すること(^^)

一度に6局分の小型印が手に入る臨時局は非常に魅力的なんだけど、忠臣蔵ウィークなんて銘打つくらいだから土日は込んでて駐車場がいっぱいかも知れない・・・
その不安を解消するべく、家族を運転手役に抜擢して半ば強制的に連行したのですが、駐車場には随分余裕がありました。な~んだ、心配することなかったな・・・(^_^;)
まぁ、たまには付き合ってくれてもいいじゃないかってことで(笑)

camera大石神社

Ako1

山門前までずらりと並ぶ、四十七士の像。
向かって右側が表門隊、左側が裏門隊だそうです。

Ako2

camera大石内蔵助像

Ako3

camera山門

Ako4

団体さんもいたけど、境内に人の姿はそれほど多くなかったです。
ごった返すのは義士祭当日と前夜祭くらいでしょうかね。

そして、参拝もまだなのに、吸い寄せられるように臨時郵便局へ(笑)

camera臨時郵便局

Ako7

Ako8

大きめのテントが張ってある割に押印スペースや売り場はとても小さく、売ってるものも年賀状と切手が2種類くらいで、今までに見た臨時郵便局の中では一番簡素だったかも(笑)
年賀状をちょっとだけ買い、一応売上にも貢献。
それから小型印をお願いすると、「こちらでどうぞ」と小さな丸テーブルに案内され、押印はセルフサービス。
試し押ししてみたところ、四角い印を真っ直ぐ押すのは殊の外難しく、何度やっても上手くいかない・・・(^_^;)
困って「どなたか押印お上手な方、いらっしゃいませんか」と局員さん達に助けを求めてみましたが、「この印は難しいから・・・私達もあんまり・・・」とのこと。なるほど、だからセルフサービス!?(笑)
とても寒い日で、かじかむ手を局員さんが貸して下さったカイロや缶飲料で温めつつ、本体にマジックで付けられた四角の印と、持ち手上部に刻まれた横線を頼りに、四苦八苦の押印。上手く押せたものは少しだけだったけど、精一杯頑張りました!

◆忠臣蔵ウィーク小型印(使用期間12/8~12/14)・・・7種類中6種類を大石神社に開設の臨時局にて、1つは赤穂局にて押印。
(切手は11月下旬に発売された忠臣蔵フレーム切手。小型印の下の説明書きはフレーム切手に添付されていたものです)

①大石内蔵助-赤穂加里屋局

Cyushingura1

Cyushingura1_2

②間瀬久太夫正明-赤穂塩屋局

Cyushingura2

Cyushingura2_2

③大高源五忠雄-赤穂元禄局

Cyushingura3

Cyushingura3_2

④武林唯七隆重-赤穂尾崎局

Cyushingura4

Cyushingura4_2

⑤間十次郎光興-赤穂さくら通り局

何故かここだけ、局名に「郵便局」まで入ってますね。

Cyushingura5

Cyushingura5_2

⑥小野寺十内秀和-坂越局

Cyushingura7

Cyushingura7_2

ところで、小型印と必死に格闘している最中にもう一人、「郵趣」の会員だと仰る方(局員さんとの会話が耳に入った)が押印にやって来られました。
小さなテーブルでその人と向かい合って互いに押印しながら、「これ、難しくて真っ直ぐ押せないんですよ・・・」「ホントだ、難しいねぇ」「そうでしょう!」などと会話も。
でも、然程仕上がりにこだわる様子もなく(?)、忠臣蔵ウィークの台紙と官製ハガキに矢継ぎ早に押印を済ませると、先に立ち去ってしまわれました。(単に、私が時間掛かり過ぎているだけ・・・とも言う(笑))
因みに、忠臣蔵ウィークの台紙というのはコレ↓のことです。

Cyushinguraweek

これに、忠臣蔵ウィークの小型印7種と14日の義士祭小型印3種、計10種集めると、黒いポスト型貯金箱をプレゼントという企画だそう。

忠臣蔵ウィーク小型印の残り1種は赤穂局で。全部1ケ所でやってくれたらありがたいのになぁ(^_^;)
小型印を押印した郵便物も赤穂局で差し出して下さいと言われたので、どっちみち行かなくちゃいけませんでしたが。
臨時局の局員さん曰く、赤穂局の前で4時迄とのこと。HPには3時迄と書いてあった気がしたけど・・・まぁいいか。

長々と滞在したお詫びを述べて臨時局のテントを離れ、神社を参拝。

camera大石神社拝殿

Ako6

Ako5

ついでに、近所の赤穂城跡も散策。
門の傍には時代劇のような衣装を身に纏った人達が。ボランティアだそうで、一緒に記念写真を撮りましょう、と。「これ持ったらカッコいいですよ」と渡された模擬刀を手に、ボランティアの方々と共に写真に収まりました。恥ずかしいから、その写真は載せませんが(笑)

camera赤穂城跡

Ako9

Ako10

何か復元中のようです。

Ako11

散策後、赤穂局へ。のんびり3時20分くらいに到着し、局前に置いた机で年賀状を販売している方に小型印をお願いすると、「小型印は3時迄だったんだけどね~」。
あ、やっぱり?と内心思いつつ、「大石神社の臨時局の人が4時迄と言ってました」と厚かましくも訴え、押印していただいたのでした。どうもすみませんでした(^_^;)

⑦吉田忠左衛門兼亮-赤穂局

Cyushingura6

Cyushingura6_2

以上、7種類の忠臣蔵ウィーク小型印、コンプリート(^^)
14日のみの義士祭小型印3種については、当日所用でどうしても都合がつかなかった為、郵頼しました。

◆赤穂義士祭小型印(3種類。使用期間12/14のみ)・・・郵頼

①菅谷半之丞政利-赤穂局

Cyushingura8

Cyushingura8_2

②前原伊助宗房-赤穂加里屋局

Cyushingura9_2

Cyushingura9_3

③間新六郎光風-赤穂元禄

Cyushingura10

Cyushingura10_2

さて、今年も今日で終わりですね。どうぞ皆様良いお年を☆

|

« 切手の博物館のクリスマス小型印-2012年バージョン | トップページ | 中尊寺簡易局の風景印 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切手の博物館のクリスマス小型印-2012年バージョン | トップページ | 中尊寺簡易局の風景印 »