« 北陸(石川・福井)遠征⑤ 福井市内 | トップページ | 北陸(石川・福井)遠征⑦ 鯖江・武生 »

2012年11月 6日 (火)

北陸(石川・福井)遠征⑥ 一乗谷

postoffice東郷郵便局

Tougou

東郷局<図案:一乗谷朝倉氏遺跡の諏訪庭園・唐門>

だいぶ摩耗していますね・・・(^_^;)

Tougou_2

12時半頃、最後の観光地である一乗谷の朝倉氏遺跡に到着しました。車中で軽く昼食を済ませてから見学へ。
駐車場のすぐ隣に復原町並というのがあって、そこだけ有料です。210円。

camera復原町並

入場券売場脇にある展望台からの眺め。

Ichijyodani1

東側(上の写真左側)には武家屋敷や町屋などの建物が復元されてます。中は当時の暮らしぶりを人形で再現。

Ichijyodani3

西側は門構えが復元してあるだけでした。

Ichijyodani2

有料の町並ゾーンを抜けて道路を横断し、館跡や庭園遺跡の広がるエリアへ。
(復原町並の南北にそれぞれ駐車場と入口があります)

その前に、朝倉氏の歴史についてご説明をば。
とか言う自分も、織田信長に滅ぼされたこと以外は詳しく知らなかったんですけどね~(笑)
要約するのが面倒なので、パンフレットの該当部分を丸写しにて(^_^;)

『朝倉氏は現在の兵庫県養父市八鹿町の豪族で、南北朝時代に朝倉広景が主家の斯波高経に従って越前に入国しました。朝倉孝景の代、1467年の応仁の乱での活躍をきっかけに一乗谷に本拠を移し、斯波氏、甲斐氏を追放して越前を平定しました。以後、孝景、氏景、貞景、孝景、義景と5代103年間にわたって越前の中心として繁栄し、この間、京や奈良の貴族・僧侶などの文化人が下向し、北陸の小京都とも呼ばれました。義景は、足利義昭を南陽寺に迎え観桜の宴を催しました。しかし天下統一の刀根坂の戦いで1573年織田信長に敗れ、朝倉氏は滅び、城下町も焼き討ちにあい灰燼に帰しました。』
(朝倉氏遺跡保存協会発行のパンフレットより)

因みに、孝景が2回出てきてますが、間違いではありません。同じ名前なんです。最初の孝景さんは7代目・英林孝景と呼ばれる人で、後に出てくる孝景さんは10代目・宗淳孝景と呼ばれる人だそう。ややこしい・・・(笑)

camera諏訪館跡庭園

東郷局の風景印図案になってる場所ですね。
義景の妻・小少将の館跡で、最も規模の大きい庭園遺跡。

Ichijyodani4_2

Ichijyodani5

camera中の御殿跡

義景の母・光徳院の館があったと言われるところ。

Ichijyodani7_3

camera湯殿跡庭園

最も古い庭園だそう。

Ichijyodani8

camera義景館跡と館跡庭園

Ichijyodani9

camera朝倉義景の墓

館跡の隅に、ポツンとありました。

Ichijyodani10

7代目の孝景さんのお墓・英林塚もあるんですが、諏訪館跡庭園のところから山道を登っていかなければならないようだったので、そっちは行きませんでした。

そして、朝倉氏遺跡と言えば思い浮かぶのはこれでしょう!
地方自治60周年切手の福井県版に採用されましたし、某CMにも使われてましたよね(^^)
一乗谷局と東郷局の風景印図案にもなっている、唐門です。

camera唐門

Ichijyodani12

Ichijyodani11

これは当時の遺構ではなく、朝倉義景の菩提を弔う為に建てられた松雲院の寺門だそうです。江戸時代中期に再建されたものを移築。

これにて観光は終了。
遺跡は綺麗に整備されており、気持ち良く散策出来ました(^^)

局巡りを再開。次は一乗谷局へ。
郵便局前の電信柱にはこんな立看板が。
ちゃんと風景印を宣伝して下さってるんですね(*^o^*)

Ichijyodani2

postoffice一乗谷郵便局

Ichijyodani

一乗谷局<図案:一乗谷朝倉氏遺跡の唐門>

Ichijyodani_2

入口を入ったところには、こんなスタンプも(^^)
看板にスタンプに、なかなかサービス心溢れる郵便局ですね。

Ichijyodani_3

一乗谷局終了時点で、時刻は午後2時5分。
ここからは5時まで、ひたすら郵便局巡りです!

石川・福井の遠征日記も漸く終わりに近付いてきました。
次回で終了予定。
10月中には・・・と思っていたのに、毎度のことながらのろまで申し訳ありません(^_^;)

|

« 北陸(石川・福井)遠征⑤ 福井市内 | トップページ | 北陸(石川・福井)遠征⑦ 鯖江・武生 »

コメント

こんばんは!

唐門の風景いいなあ。

正面から撮影された写真は印象的ですね。
ふと立ち止まって見れば、何か得体の知れない
不安でもあるけど懐かしく安らぎも感じる、
そんな気分になりました^^

投稿: かずひと | 2012年11月 7日 (水) 19時23分

かずひとさん

ありがとうございます(^^)
唐門の左後ろに写っているのは桜の木で、春になって花が咲けば、また全然違う雰囲気になるでしょうね。

投稿: tomo | 2012年11月 8日 (木) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸(石川・福井)遠征⑤ 福井市内 | トップページ | 北陸(石川・福井)遠征⑦ 鯖江・武生 »